ブログ

兵庫県 福崎町シリーズ!  その①

DSC_3718

どうもぉ~。

守屋です。

何だかんだ言うて前回のブログから4ヶ月近く開いての更新でございます。

それでも懲りずに このブログを楽しみに毎日覗いて下さっている皆様、

全く更新されない怒りで腹わたがグツグツ煮えくりかえってる音が聞こえて参ります。

ゴメンナサイ。

 

正月明けから年度末まで、それはもう怒涛の忙しさでございました。

毎月の残業時間は100時間を超えておりました

厚生労働省が定める残業時間は60時間ですよ、社長。

松崎しげるの色よりブラックな企業でございますが、皆さま今後ともよろしくお願いいたします。m_ _m

100時間と簡単に申しますが、俗に言う、「過労死の労災判定ライン」なのですよ!

コレでブッ倒れてもウチの会社は補償してくれるんでしょうか?

まぁ、何もしてくれ無いでしょうね。

エエとこ、ユンケルの一番安いヤツ買うてきてくれて終わりでしょう。。

なぜなら昔、この会社でワタシがシンナーに引火して火だるまになった時も、

スタッフは大焦りだったのに、ウチの社長は焼け焦げたワタシを見て、

「アハハハッ!眉毛全部あらへんやん」 言うて笑ってました。

当然、労災にも申請してくれず、治療費も全額自腹。

この恨み、晴らさでおくべきか・・・  コノヤロウめ。

次、社長に何かあっても笑ってやる。  イヒヒヒ・・・

 

んで、話を戻して。

毎日、家に帰って晩飯食べるのが24時くらい。

用事を済ませ、就寝するのは午前2~3時。

さっさと仕事終わらせて1秒でも早く寝たい訳ですから

昼飯食ってから晩飯までの12時間は何も食べず、3時の休憩も一切無し、

当然 土日祝も休まずひたすら働き続けました。

今年に入り、そんな生活を三ヶ月続けました。

仕事が間に合わないという、神経が異常にピリピリした緊張状態なので

毎朝、イヤでも目覚まし時計よりも先に、6時に目が覚めます。

当然、二度寝など皆無。 3ヶ月、昼夜全く眠気に襲われた事が無かった。。

24時間、ジッとしていても心臓の動悸がバクバク凄かったのが一番心配でした。

その間、ワタクシ守屋とタッグを組んで頑張ってくれたスタッフの垣内サンも

同じく、心臓の動悸が凄い・・と申しておりました。

極限状態で長期間仕事すると心臓がバクバクしますよー♪

一度お試しあれ。

 

でもね、それくらいせんと終わらん仕事量だったんですわ。

某、大阪の有名テーマパーク内の改装の仕事と、表題に記しました、兵庫県福崎町の

お仕事がバッチリ重なり、ワタシを苦しめていた訳です。

某テーマパークの造型のお仕事の内容はライセンスの問題で、こんなクソブログには

絶対に書けない(書くと訴訟問題に発展の恐れ:汗)ので、福崎町のネタを書きます。

 

 

 

兵庫県福崎町と聞けば、皆様 ピンッ!とくる方も多いでしょう。

ここ一週間でもTVで3~4本放送されてたんちゃうかな?

そう、池から飛び出す全くゆるくない、ゆるキャラのガジロウ。

先日、ヤフーのトップニュースにも紹介されてましたな。

gajiro

コイツね。もう有名すぎてお腹一杯の人も多いかな?

 

このガジロウの生みの親、福崎町役場地域振興課の小川サンが企画している

「全国妖怪造型コンテスト」なるものが毎年催され、今回で3回目が終わった所です。

優勝作品は、等身大のブロンズ風像で製作し、展示されるというもの。

毎回、お題の妖怪が指定され、そのお題に沿って全国からプロアマ問わず

物凄い作品が応募されます。

第一回目は「天狗」でして、それの最優秀賞の作品の等身大像を作った時のブログも

記憶に新しいところ。(知らない方はコチラ 「天狗まみれ」 )

そのコンテストの第2回の優勝作品がコレ ↓↓

DSC_3404

「山の神」であります。

正直、この作品だけは決まらないでくれ・・・と願っておりました。(作者様ゴメンナサイ)

だって見てよ。 ウジャウジャ子供が一杯ぢゃんか。

こーゆー、数で攻めて来るの、造型屋泣かせと言いまして、イジメ以外の何者でもございません。

でもしかし、世界感が凄いスバラシイ作品でありますなぁ。

 

つべこべ言わず、ワタシはこれを等身大にするのがお仕事。

コレでご飯食べさせて頂いておるのですから。

 

さっさと製作スタ~ト!!

先ずは胴体部分から。

DSCN9034

毎度の事やが、今回も例外にあらず超テキトーな下書きから製作が始まります。

適当に見えて適当では御座いません。

本当に適当にやってますと、沢山いる子供ウリ坊がまともに納まりませんので。

一応、キッチリ見本の人形を事細かく採寸して大きさや位置関係を出しています。

毎回、この福崎町シリーズはワタシ独りで行っていたのですが、今回はさすがに

納期も無く、また若手の育成の為にも、分業で行う事にしました。

今回、山の神以外の小動物は全て垣内サンに一任。

頑張って頂きましょう。

普段彼女が得意とする分野はキャラクター物や、機器のモデルの様な

カチッとした機械的な直線、曲線から構成される様なもの。

今回の様な動物系はほとんどやっていませんが、難なくこなす彼女。

DSCN9025 DSCN9029

DSC_3468

何でも出来るじゃん。  次から全部頼もうかしら。

 

彼女が頑張って小動物を造っている間にワタシもガンバル。

DSC_3509

DSCN9045

まぁ、それにしてもデカいですわ。

座高で2mの設定ですから。

DSC_3526

で、とりあえずスチロール原型完成。

その後、表面をFRPでコーティングしたり、型を取って複製したりと作業は進むむむむ・・・

ホンマにデカいですやろ、コレ。  ↓↓

DSC_3543

全てのFRPコーティング作業が終わり。

DSC_3555

その後、表面のディテールを樹脂で造り込んで行きます。

DSC_3559

お客様が乗っかって来たりぶら下がりそうな所には、原型を一度切り開き、中に補強の金物を仕込み、

ゴリゴリに補強します。

DSC_3570

 

ウリ坊のセットアップも終わり、やっと全体像を拝めます。

image1

DSC_3597

このウリ坊の間に、ドサクサに紛れて子供の河童もいましたが、

演出上、この子河童は少し離れた所に設置。

観光客の皆様方を、この子河童の居た所に入ってもらってウリ坊と一緒に記念撮影を

して頂く、といった狙い。

 

その後、塗装前に表面に黒いサーフェーサーを吹きます。

通常、白やグレーのサーフェーサーですが、黒いサーフェーサーを使うのは、

キズが付き、万が一塗装が剥がれたとしても、そのキズを出来るだけ

目立たない様にする配慮。

image2

目玉から塗装します。  先ずは白目になる部分から。↑↑

その後、瞳を描きます。   ↓↓

DSC_3678

何故かここ福崎町のブロンズ像は全て眼球はリアルに塗装します。

そーゆー指示だから。 実にミステリアス。

地域振興課の小川サンの拘りの部分です。  彼の脳内の構造は謎です。

 

 

目が塗り終わり、今度は全体をブロンズ色に塗って行きます。

先ずは下地色から。 image4どんどん色々な色を重ねてブロンズ像特有の金属感を出していきます。↓↓

かなりの色数が重ねられていますよ。  何色重ねか解るかな?

image6

その後、緑青(ろくしょう: 銅のサビた色)を入れ、エイジングし、完成~。

DSC_3702

銘板はこんな感じで。

DSC_3710

バックのデッドプール像が目立ち過ぎー。

DSC_3705

で、お約束の一枚。

DSC_3718

こーゆー風に記念撮影してほしいそうです。  ↑↑

 

 

早速、現場に運び設置。

DSC_3878

DSC_3884

DSC_3887DSC_3885

西日で超逆光ですが、バックの柿の木が実にイイ感じに雰囲気を醸し出しております。↑↑

設置場所は例の河童の出る池のすぐヨコです。

池から河童が出没するわ、小屋から天狗が飛んでくるわ、妖怪のブロンズ像がゴロゴロ・・・

完全に妖怪パークに変貌しつつあるこの公園。

第3回コンテストの優勝作品のブロンズ像の制作も始まっております。

夏くらいにお披露目です。

これまた造型屋泣かせの力作。  どんだけ泣かせる気や。  おい!福崎町さんよ。

お手柔らかに・・。

 

実は福崎町、この時期に、この像以外に4種類、計6匹の妖怪を設置しております。

それら6匹をウチで同時進行で製作しておりましたので引き続きこのブログでお伝えいたします。

乞うご期待あれ!!

 

ではーーーーーーっ!!