ブログ

皆、頑張って生きてますよーーー。

どーも守屋です。

また一ヶ月ほど放置かな?

相変わらず忙しいのよねぇ。

お盆は皆さん故郷でゆっくり過ごされたんかな?

ワタクシ守屋はお盆は一日も休まずお仕事ですよ・・・・・・・・

この会社は盆も正月も無いのだよ。

まぁこの暑さやし、無理はせん程度にはやってんやけど。

こないだのブログでも書いたけど、作業場は36℃ 。

こんな中、長袖つなぎの作業着を着て作業してみなされ。

身体中の水分が全て抜ける感じ。

平成生まれの若手スタッフでさえヘロヘロになる。

コテコテの昭和生まれのワタシなんぞ死にかけ。

網にかかったダイオウイカのような腐った目で作業してます。

 

暑さで樹脂や塗料なんぞ速攻で硬化してしまうんで作業性はイイんやが

逆になんかバタバタした感じで作業することになり疲れちゃう。

なんかホッとした時間が欲しくて工場の外に花壇を作って色々と花を植えてんやが、

少し前に朝顔の種をスタッフさんが買ってきてくれたんで撒いてみると、

可愛い双葉の芽が出たかと思うと、怒涛の勢いで成長が始まり、

上に上がれないから左右へグングン伸びはじめた。

 

ブログ (1).jpg

 

 

こりゃアカン!言うて急遽その辺にある角材を数本立て、左右へヒモを渡してやると、

待ってました!と言わんばかりにその即席の棚に絡み、日に日に巨大化!!  ↓↓↓

その姿、まるで悪魔のようである。

ブログ (7).jpg

 

 

驚いたのはツルの先端が壁の隙間に入り込み、工場内へと侵入しはじめた!

まさに「進撃の朝顔!!」

 

ブログ (6).jpgこの巨人朝顔、なんとこのホコリ&樹脂&塗料&溶剤でまみれたこの作業場内において

綺麗な花まで咲きはじめたではないか!

 

ブログ (5).jpgもう葉っぱなんぞホコリと塗料で真っ白である!

恐るべし成長力。  

ワタシは心身ともに全く成長してないのに   ・・・見習わなければ。

ホント生き物の成長ってスゴイねぇ。

 

ワタシが家で飼ってるペットさん達も日々すくすくと成長してるよ。

ちょっと紹介しよか。

 

このトカゲはフトアゴヒゲトカゲ。

ブログ.jpg物凄い肥満。  ダイエット中やが一向に痩せる気配ナシ!

どれだけ粗食にして餌の回数を減らそうが確実に脂肪に変換する特技をもっています。

 

 

 

 

          爬虫類(ヘビ)嫌いの方、閲覧注意

 

 

 

 

 

 

ブログ (3).jpgこちらはパプアニューギニア産の蛇  「ベーレンパイソン」

マニア垂涎の蛇かな。今はそうでもないかな。

一昔は車が一台買えるくらいの値段で取引されてたとか・・。

チビから飼いはじめ現在約2メートル。

最終的には3~4mにまで成長する大蛇です。

いつかこの蛇に巻き付かれて死んでしまうかもしれません。

このブログが半年ほど更新されない場合は、そう思って頂いて間違いないでしょう。

 

        お次。

 

 

 

ブログ (2).jpgコレは珍獣中の珍獣「マタコミツオビアルマジロ」

ワタシが幼少の頃から一生に一度は飼ってみたいと夢見ていた生き物。

アルマジロって存在自体はあまりにもメジャーであり、また生息地(南米など)では畑を荒らす害獣として嫌われていたり食用にしたり楽器になったりでヒドイ扱いみたいやけど、ワタシ自身、これほど

不思議な形をした生き物は他に居ないのでは・・?  と思っており、愛して止まない生き物。

最近、ひょんなことから入手でき、飼育を始めてまだ一ヶ月ほど。

実際に飼育してみると、これまた珍獣。

基本的に夜行性なんやが、夜8時くらいに起床。その後朝5時くらいまでひたすら走り回る。

ホントに5秒として止まらない。  ひたすら朝までグルグル走り回っている。

パクパクッと餌をついばんでは、またひたすら走る。

その運動量からか結構大食い。

でも手を差し出すとじゃれてきてカワイイ。

お腹をコチョコチョするとひっくり返って喜ぶ。 そしてまた走る。

物凄く馴れてるから滅多に丸まらないけど、ちゃんとボール状に丸まります。

 

ブログ (4).jpg画像見てもどうなってるか解らんでしょ?  ↑↑↑

頭(額)と尻尾が交差して完全に蓋になって完全なボールになります。

 

 

この他まだ色々飼ってるけど書くのしんどいんでやめときます。

 

このアルマジロを入手してしまったことにより、ワタシが生涯で一度は飼ってみたい生き物は

あと1つになった。

 

     それがコレ

 

ロブ.jpeg    アメリカウミザリガニ。  そう、一般的に言う「ロブスター」です。

コレのとにかく巨大なのを飼いたい。画像のはワタシ的にはまだ小さいくらい。

死ぬまで成長を続けると言われている生き物なので飼っていて楽しいはず。

いつかコイツを3メートルくらいの水槽で飼いたいのですょ。

昔から夢見てきた事はどんどん実現してきたので、いずれこのブログで巨大ロブスターを紹介できると思います。

今日、宝くじが当たれば明日ロブスターを買い付けにアメリカへ行こうと思ってます。

 

今回は製作日記じゃなくて珍獣紹介でゴメンナサイ。

 

ではまた~。

 

 

 

大きい事は良い事だぁ。  その2

どーも守屋です。

 

暑い。

 

暑すぎる。

 

ウチの工場、作業場所は1階と2階にあるんやけど1階はエアコンを入れてるにも

関わらず、現在36℃!

2階は原型を彫る為の部屋がある。

通称 「独りにさせてルーム(仮)」

何せその部屋が異常に暑い。

スレート建ての工場なので晴れの日は天上が熱せられ、それはもうサウナ状態。

版権の関わるシークレットな物を造る時や、ややこしいデザインで、とにかく集中して

他人を寄せ付けたくない場合などに使用する個室。

いまワタクシがややこしい案件でその部屋を占拠して作業しとるんやが、エアコンを入れない状態で

温度計を見て唖然・・

 

ブロ (2).jpg      よ、43℃超えとります・・・。

エアコンが付いてると申しましたが、社長がチョイスを誤って一般家庭用100Vのを付けたもんやから

全開で回しても35℃を一向に下回りません。

中東ドバイの様な気温の中で作業をしております。

ラクダでもペットで飼おうかしら。

よく熱中症で倒れんもんや。

しかも今年の梅雨はよく降ります。

ジメジメ湿度で自宅で育ててるガジュマルの鉢にも、妙なお友達が増えてます。

 

ブロ (1).jpgだが、このクソ暑いのを歓迎しとるのがコイツ。

前回のブログで紹介したワタシのペットの「コバルトツリーモニター」

 

 

ドアラブログ.jpgコイツはインドネシアのバタンタ島と言う島に生息しとるので、このモワモワジメジメが

大好物。

よく見て頂くと解りますが、こんな高湿度にも関わらず、水槽の中を霧吹きで加湿してます。

これくらいやらないとこの美しいブルーが保てず色褪せてきます。

実に厄介な生き物を飼ってます・・・

 

 

さて、前回に続き大きい物シリーズで今回も書きます。

    第二弾は「巨大パンケーキ」

 

巨大っつーても腰掛け程度の大きさですけどね。

実際、腰掛けて椅子として使うものらしいです。(撮影スタジオとかで)

 

では製作開始!!

今回もウチのスタッフの垣内サンによる製作です。

 

先ずはスチロールによる大きさの割り出し。

クライアント様からはサイズ図面は頂いてはいるんやが、

実際に腰掛として使うので図面通りのサイズではしっくり来ない場合があります。

よっていくつか造ってみてサイズを決定します。

 

パンケ.jpg 

 

実際に座ってみてチェックチェック・・・

   フムフム良い感じ。

このサイズで行こ。

パンケ (2).jpgあーーーー!

またFRPコーティングの画像撮り忘れ。

いつもこの工程の画像撮り忘れてしまう。

FRPで手がベトベトやからさっさと終わらせてしまいたいからやろね。

 

 

 

下の画像はパテ処理で表面の凹凸感や質感を造って下地の1色目を塗ったところ。

パンケ (3).jpgシロップが垂れた感じも樹脂で造ります。

ドロドロの樹脂を上からドロ~ッと流せば、こんなの簡単に出来るんじゃね?

と思っているアナタ!

そんな都合よくドロ~ッと流れ、イイ感じの所でピタッ!と固まる樹脂なんぞ御座いません。

ぜーんぶ下に流れ落ちちゃいますから。

よって、イイ感じに流れ落ちる瞬間の状態の形で造り込まないといけないのです。

強度の事も考えながら。

パンケ (4).jpgそして上に乗っかるバターの塊や、滴るシロップを塗装、そしてそれらをマスキングし、パンケーキ本体の塗装を行ないます。

パンケーキ表面は細かな凹凸を表現するため予め樹脂を吹き付けて質感を出してます。

塗装も何色もの塗料をドット状に吹き焼き目をリアルに表現します。

パンケ (5).jpg 

 

 

 

そしてマスキングを剥がし、一度テカテカにクリアー塗装を何度も重ねトップコートをし、キズを付きにくくし、最後に細部のツヤの調整を行います。

実に簡単な様に書いてますが、シロップの透明感を出す塗装はかなりテクニックを要します。

透明でないものを透明に見える様に描くのは本当に難しいのです。

色がくすんでしまっては即アウト!

でも何色もの色を巧く重ねないと深みは出ないのです。

 だから透明な樹脂をデロデロ~と上から流せばイイじゃん、て未だに言ってるキミ!

やってみりゃ解るさ。

そう簡単にはこの濃厚ドロドロ感は出せないから、 マジで。

若手の垣内サン、かなり悩みながらもバッチリ完成させました。

今回はワタシは原型から仕上げまで横からアドバイスは一切しないで黙って見守りました。

これで彼女はまた1つ自信を持って出来る作業が増えました。

このひとつひとつの積み重ねなんだよねー。。

パンケ (6).jpgあ、ちょっと照明の都合で変な色に写ってるけど、凄く巧く塗ってくれました。

微妙~にバターがシロップ溶け出してる感じも、彼女はキッチリ見定め、塗装で表現してくれてました。

この観察力が全ての世界です、造形屋ってのは。

  スバラシイ!!  グラッチェ!!

パンケ (7).jpg当然ながらクライアント様からも絶賛頂きまして、彼女もごっつ喜んでました。

このクライアント様、彼女の作品を大変気に入って下さってまして(前回の巨大古洋書もこのクライアント様)、何度も何度もリピート発注下さっております。

なのでこのクライアント様からの発注分は全て彼女が担っております。

そーゆー部分で責任感とか信頼感とかを学んでもらえればイイなぁ・・と思って。

 

頑張れ!造形師を目指す全国の若手職人達よ!!

オッチャンはこーゆー若者達を応援してます。

     フガフガっっ!!!

 

ではまたー!

 

 

 

大きい事は良い事だぁ。  その1

どーも守屋です。

 

珍しく今、工場のスタッフは全員、スチロール原型を彫ってます。

大概普段は誰か1人だけ彫ってるくらいなんやが。

こーゆー時は樹脂や塗料の資材屋さんが慌ててやって来る。

何故なら、全く樹脂やらを使わないので発注をもらえなく、まさか他社で購入しとるんかと

思ってドギマギしながら営業マンが来られます。

その姿が面白いので「よそが安かったので最近はそっちで買ってるョ」と言ってやると

抹茶ソフトの様な顔色に変色します。  実に楽し。

な事してストレス発散しております。

 

話は変わり、久々に小さいサイズ(20センチ)の卓上フィギュアのお仕事が入ってきました。

皆さん、このミニサイズのフィギュアは安く作れると思われるのか値段を聞いてビックリされる

方が多いです。

皆さんは市販の数千円のフィギュアの価格帯が相場だと思っておられる様で・・。

ましてやUFOキャッチャーで運が良ければ数百円でゲット出来るんだから。

そんな値段で単品のフィギュアは作れません、 絶対に。

数千個やら量産してはじめて出来る価格ですよ。

 

皆さん知ってはります?

市販フィギュアの原型は、実力派の売れっ子原型師などで一体40~60万円(例)とかで製作してます。

それを1~3ヶ月ほどかかって作るのですから日割りで計算すると大した金額では無い

事が解りますよね。

個人で請けているような造形師さんならまだイイですけど、我々の様な会社組織ですと

人件費や諸経費を差し引くとトントンどころかヘタすると大赤出ることもある

恐ろしい案件なのです。

 

ハッキリ申します。

 

「小さいのは儲けが無いです」

 

夢を潰したくないですが、いまフィギュアの原型師を目指して頑張ってるキミ。

 

   「大変やぞ、この世界は」

 

上記の様な一体60万ほどで請けれる造形師は、例えるなら

南極の氷山の上にピラミッドを乗っけて、その上にスカイツリーを立て、

その先端の避雷針の先っちょにしがみ付いてる方々のみです。

フィギュア原型でまともに食べていられる方はそれ位の確率と言っても過言では無いです。

 

    「趣味で楽しくやりましょ、フィギュア製作は。」

 

正直、小さいのはキライです。

だから今回の製作日記はデカイのを紹介します。

 

少し以前、結構立て続けに巨大化シリーズがあったので書きます。

 

 

第一弾は「古洋書」の巨大化です。

実物の何倍でしょ、6倍くらいかな?  体積は何倍かな?

計算するの面倒なので割愛。

 

         スチロール原型↓↓

古洋書ブログ.jpgあ、今回のこの巨大洋書の製作は、前回のブログで紹介しました若手ナンバーワンの実力の

垣内サンです。

しばらく垣内サンの作品紹介しようかと思います。

この垣内サンは舞台美術関係の専門学校卒でして、それまでは舞台のパネルの絵を描いたり

木工やらが多い世界で活躍してはったんですが、ど~しても二次元より三次元がやりたい、

言うてポップ工芸に「給料いらんから仕事おしえてくれ」と武者修行から始めた変わり者。

その実力が認められ、いまや立派なウチの社員としてワタシを追い越す勢いで四次元の世界へ

行ってしまうのではないかと焦っております。

 

スチロール原型にFRPをコーティング。

古洋書ブログ (1).jpg三冊あるので1個原型を起こして型で量産もアリなんやが、この様な平面の構成の造形物は

面の凹みや反りなどが出やすく、それを防ぐ為に内部に補強の板などを入れたりする事が多いんやが、その分、意外と重量が重くなる事がある。

なので今回はオーバーレイ(スチロール原型に直接FRPを貼る事)にて製作。

 

FRPを貼ったあと、表面にパテを入れ研磨。

 

 

その後塗装へ・・

先ずは本のページの部分から。

紙のベース色を入れてから細い線状のマスキングをし。濃い目の色で濃淡をつけます。

古洋書ブログ (2).jpg

 

 

 

古洋書なので何十年経たような色褪せ古ぼけた色味にします

ディスプレイ品なので実際より少しオーバー目にやるのがコツ。

このあたり、彼女の舞台美術で得たセンスが垣間見れます。

手放しで放っておいてもジャンジャン塗装してくれます。

古洋書ブログ (3).jpg  

 

 

お次は表紙と背表紙の塗装。

自ら適宜デザインしたマスキングを製作しエエ感じに塗装。

これらの文字やマークやらもベッタリ塗らず少しかすれた感じにボカシて塗っています。

古洋書ブログ (4).jpg

 

 

シボ加工された皮の表紙の感じも忠実に再現しないといけません。

マーブル状の塗装も。

あと、本のカドの擦れて色が剥げた感じも塗装で表現します。

古洋書ブログ (5).jpg前回のブログにも書いたが、彼女の作業中の資料画像のほとんどが上記の様に残像化してるのばっかりです。

どんだけ素早いスピードで作業しとんのや!?

古洋書ブログ (6).jpgこの古洋書はアリスの不思議な国をイメージした撮影スタジオのセットとしてディスプレイされます。

よってお客様が直接触れたり、座ったりするのでキズが付きにくいようにクリアー塗装を厚く吹き、最終的に艶消しに塗装し、三冊重ねて接着し完成。

古洋書ブログ (7).jpg

近くでみても、とても1メートル以上ある本には見えないね。

ホンモノみたい。

古洋書ブログ (8).jpg重厚な感じ出てるけど、物凄く軽いです。

二人でヒョイ!と持ち上がる軽さ。

スチロール造形の良い所。

 

さぁ、お次も垣内さんマジックを紹介しまっせ~!!

 

ではマタマタ。

 

 

 

 

 

 

 

♪ペットフードはドギ~マン♪

どぉ~も守屋です。

 

イイ感じにブログ更新しております。

毎日はちと無理かもだけど。

別に暇な訳じゃ無いんだけどねー。

次に取りかかる案件が結構大変ぽいので色々妄想する必要がありそうなので

妄想の合間をみてブログ書いてます。

 

ここんとこ、ワタクシ個人で請けてるお仕事を、本業の仕事が終わってから

ゴソゴソ晩くまでやっとんやが、どんなお仕事かっちゅーたら、舞台演劇のセットで使われる

装飾品を造ってます。 

誰や知らん外人の胸像。1メートルくらいのデカイやつ。

スチロール造形なんやけど、やっぱ人物像を彫るのは物凄く神経擦り減ります。

作業終えて晩飯喰い終わると大概意識飛んでて白目向いてヨダレ垂れかけて目を覚ます感じ。

風呂入ってても同じく。

やっと今日、完成出来そうなんでホッとしてますの。

こうやって個人でお仕事頂けるのは有り難いんやけど、何故ワタクシなどにお仕事回って

来るのかと申しますと、

①まず予算が無く、普通に造形会社にはお願い出来ない場合。

②あり得ないくらいに納期が迫っている。いや普通じゃもう間に合わない。

って場合にお仕事が頂けます。

ご想像が付くと思いますが今回も例外に無く①と②がガッツリ私にのしかかった状態で

請けております。

なので白目むいてヨダレ垂れて廃人寸前なのデス。

 

     ガンバロ・・・。

 

さてヘロヘロながらもブログ頑張って書いてるので、もうちょっとお付き合いを。

 

前回のブログでワタシが珍獣好きについて書きましたが、そんな匂いを嗅ぎ付けて

来られるのか、ペット関係や動物園関係のお客様からのご依頼やご相談が

最近多い気がします。

実際、動物関係の造作物で打合せに来られたお客様のほとんどが、ウチのサイトの

ワタシのプロフィールを見られ「守屋サンならこの動物お願いしても安心ですゎ・・」

と仰って下さりますので有り難いのです。

 

今回ブログに書きますのはペット好きな方なら一度はお世話になってると言っても過言ではない

ペットフード界の重鎮的存在 「ドギーマン」 様からのオーダーで御座います。

 

ドギーマンブログ.jpg今回も例外に無く頂いた資料はこれと別ポーズ数種のみ。

前後左右の資料は無くても全然大丈夫。

 

 

 

この資料を基に製作開始!

犬の「ドギーちゃん」 猫の「キャティーちゃん」の2体。

一昔のワタシなら左手でドギーちゃんを彫り、右手でキャティーちゃんを同時に彫って

いたであろうが、さすがに初老と呼ばれる域に両足を突っ込んでおりますので

ウチの信頼できる若手ナンバーワンの垣内サンに一体をお願いしました。

「手伝ってやる代わりに牛丼おごれ」 と言われましたので特盛りをご馳走させて頂き

快諾いただきました。

犬と猫のどちらを担当するかは厳正なるあみだくじにて決定。

ワタシが犬、垣内サンが猫ちゃんを担当することに。

 

  犬の頭部からスタート。

ドギーマンブログ (1).jpg

 

 

 

垣内サンも頭部からスタート

ワタシが犬の頭部をチンタラ切り出している間に彼女はもう猫の頭部を丸め始めております!

あまりの速さで手が残像と化しております!  早し!

ドギーマンブログ (2).jpg

 

 

 

追い抜かれた焦りから頭部をほったらかしてボディに着手のワタシ。  汗汗

ドギーマンブログ (3).jpg

 

 

何とか気を取り戻して頭部完成。

ドギーマンブログ (4).jpg

 

 

 

 

あ~っっ!!もう胴体出来とるがな!!!  ひぃ~っっ!!

ドギーマンブログ (5).jpg

 

 

 

何だかんだで同時に完成・・・。

      若手の追従恐るべし・・。

ドギーマンブログ (6).jpgあ、上の画像良く見てください。

他人同士で別々に違うものを彫った場合、どうしてもその人の「クセ」や表現の仕方に

違いが出てダメになる事が多いですが「犬」と「猫」の雰囲気がバッチリ合っているの

解りますか??

全体の柔らか味、このキャラクターのデザイナーさんの雰囲気などを、両者壊す事なく

表現しています。

阿吽の呼吸とでも言いましょうか?

牛丼の並盛りをおごる程度では絶対に息が合わないでしょう。

      特盛り効果。

しかも犬は雄なので雄雄しく力強く、猫は女の子なので柔らかく優しい雰囲気もしっかり

イラストから汲み取り、表現しないといけません。

腕や指が微妙に逆関節状に反っていたり、ちょっとした胸や首の角度など、

そうゆう細かな部分でハツラツとした元気な雰囲気や柔らかい気品などを表現します。

大変でしょ?造形屋さんって。

 

ドギーマンブログ (7).jpgいつまでも自惚れていてはいけません。

さっさと次の工程FRPコーティング、パテ研磨を済ませます。  ↑↑

 

 

ここまで来ればもう若手にバトンタッチ。

ワタシは原型で息切れしておりますが彼女の体力は天上知らず。

塗装は素直にお任せします。

ドギーマンブログ (8).jpg

 

ドギーマンブログ (9).jpg身長150センチほどの小柄な彼女のどこのこんなスタミナがあるのでしょう・・

ガンガン塗っていきます。

塗料の調色も安心して任せられます。

ちなみに彼女はウチに来てまだ3年足らずなのです。

なのにもうこの程度の造形なら原型から塗装仕上げまで一貫してこなして

しまいます。

 

 

 

     ハイ!完成!!

ドギーマンブログ (10).jpg

 

ドギーマンブログ (11).jpgと、思いきや、ここからが拘りの工程。

    「ツヤの調整」  を行ないます。

 

普通の遊園地や店先なんかに置いてあるキャラクター人形は上の画像の様にツルツルテカテカの

「ツヤ有り塗装」が一般的。

ディズニーランドなどに置いてあるクオリティーの高い人形を見たことがあると思いますが

それらは巧みにツヤの調整が行なわれています。

 

 

例外なくウチもちゃんとやってます。

 

ドギーマンブログ (12).jpg上の画像見たらお解かり頂けるかな?

目は濡れた様にツヤツヤ、肌は艶消し、鼻は半光沢・・・

これらの塗り分けは作業の手間も増え大変ですが、完成品のクオリティに大きく差が出ます。

 

 

 

      キャティーちゃんも然り。

ドギーマンブログ (13).jpg

 

ドギーマンブログ (14).jpg

 

 

最後は二つ並べて記念撮影。

ドギーマンブログ (15).jpg努力の甲斐ありまして納品後、ドギーマン様からお喜びのお声を頂きました。

展示会や本社受付カウンターサイドに置いて頂いたりと大活躍しているとの事。

 

こーゆーお声を頂けるのが我々スタッフが一番ウレシイところ。

お喜びのお声を頂いた所はほぼ必ずと言っても過言では無い位、再び弊社をご用命

下さいます。

 

 

ホント毎日拘りを持って頑張って仕事やってて良かったと思う今日この頃。

 

次は何書こうかなぁ・・

 

ではまたーーー!

 

中日ドラゴンズのドアラ君

どお~も守屋です。

またブログ放置癖が出ております。

色々忙しくてねぇ・・

もちろんお仕事は相変わらずドタドタだし個人で請けた造形やら仕事終わってから

チョコチョコやってたりでね。

ストレスの申し子と化しております。

なモンでストレスでハゲ散らかさない様に忙しい合間を縫って色々コソコソやっとります。

ワタクシ守屋にとってのストレス解消は やはりペットの飼育。

思い起こせば物心付いた頃から今日に至るまでの40ン年間、

1日たりともペットを飼育してない日は無いです。 マジで。

ホント様々な生き物(珍獣ばかり)飼ってきたなぁ。

自分史の中で一番スゲーと思うのは学生の頃飼ってたアオウミガメ。

(今はワシントン条約で保護されているが当時は合法でした)

夏休みガッツリとバイトをして40万くらい貯め部屋の床を補強工事して

部屋のド真ん中へ1・5トンの水槽を設置し、そこで飼ってた。

最終的には3~4メートルくらいの水槽作ってそいつを飼おうと思ってたんやが

アパートへ引っ越す事になり泣く泣く須磨水族園に寄贈しました。

いま考えたらかなりクレイジーな思考回路を持った変態だったと思う。

いや、それを許してくれてた両親が一番クレイジーなのかも。

アオウミガメのアオで思い出したけど、いま工場にも青い小鳥がいます。

マメルリハというインコの「ピーコちゃん」スタッフに丁重にお世話され、

超ワガママの噛み付き小鳥です。

 

1434163206309.jpgでも甘えたさんでとても可愛い。呼び鳴きハンパないです。

さすがに今は工場のあまりの暑さにバテてしもて、スタッフが家で面倒をみてくれています。

 

「青」繋がりでもうひとつ。

 

ワタクシ守屋も青いペットを最近飼い始めてる。

「コバルトツリーモニター」ってオオトカゲ。

全長1メートル以上になるトカゲ。

まだ手のひらサイズのベビーだけど。

 

ドアラブログ.jpg飼育始めてからまだ一週間。

兎に角 臆病な性格でずっと木の穴から出て来ない。

いつの間にか餌だけはチャッカリ完食しとる要領の良いヤツ。

全身 真っ青な素晴しいトカゲ(コバルトツリーモニターでググッてみな)なんやがウチに来てから全身

の姿はまだ1回しか見た事が無い。

     マボロシ~♪

ショップに居る時はウロチョロ動き回って餌をねだっていたんやが・・

コイツの(まだ命名してない)の成長具合も時々ブログで紹介します。

 

青繋がりでもういっちょ!

つーか、ここからが本番、製作日記。

 

タイトルに書いとるが先日、青いスーパー珍獣の等身大モデルを製作しました。

   「ドアラ」

知っとるかね?ドアラっていうコアラと人間のハイブリッドを。

中日ドラゴンズのマスコットキャラクターのドアラ。

 

ドアラブログ (3).jpgコレは珍獣中の珍獣でしょ?

身体は完全に普通の細身の人間です。

こんな大きな頭と靴なのに球場のグランドを縦横無尽に走り回り、バク転でもバク宙でも

楽々こなすスタントマン。 いや珍獣。

この「ドアラ」くんのカフェが、ナゴヤドーム3階、1塁側にあるんだけど、そこに記念撮影用に等身大のドアラくんを設置したい、とご依頼いただきました。

 

ドアラブログ (1).jpgあ、このカフェには美味しいドアラカレー、ドアララテなどドアラ君がデザインされた色々な美味しそうなのが沢山ありますヨ~!

観戦の際は是非是非!!!

 

ドアラブログ (2).jpg

 

 

さぁ、早速製作開始!

            クライアント様から頂いた画像。このポーズでのご依頼です。

 

ドアラブログ (3).jpg

その他自分で参考になりそうな画像検索して使えそうな資料をドッサリかき集めます。 

ドアラブログ (4).jpg

本来、身体と頭のバランスを考えながら全体的に彫り進めて行くんやが、頭部は難しいので

頭の中で完全なイメージが湧いてくるまで放置。

こんな滑稽な彫り方、良い子は絶対マネしない様に!!必ずバランス崩れちゃうよ。

ドアラブログ (5).jpgでも、いつまでも放置していては納期が迫るだけなので大量に集めた資料を基に頭部を彫る。

 

 

    クライアント様に名古屋から遥々監修に来て頂きバッチリOK頂けました↓↓↓

 

ドアラブログ (6).jpg

 

 

 

次の工程の「FRPコーティング」の写真撮り忘れちゃった(汗

よってこれは一回目の研磨が終わり一回目の

サーフェーサー(下地剤)を吹いているところ  ↓↓↓

(両腕と帽子は研磨作業の邪魔になるので後から合体させます)

ドアラブログ (7).jpg  

 

一回目の研磨が終わると細部のディテールをパテなどを駆使して製作します。 ↓↓

(ベルトのバックルや服の縫い目など)

ドアラブログ (8).jpg 

 

 

仕上げの研磨が終わり塗装開始!!

この塗装中に弊社に打合せや見学に来られたお客様が部位をマスキングされた

この状態のドアラを見て

 

「おおっー! これは有名な阪神の ” トラッキー” ですな!」 と言われたり

 

「あー解った!! オリックスの球団キャラクターでしょ?コレ。」とか言われ

散々な目に遭ったドアラ氏。

 

意外と知名度低いのか!?

 

仕方ないよドアラくん、キミは決して悪くない。

       ここは大阪のド真ん中だから許しておくれ・・・・。

 

 

ドアラブログ (9).jpg

 

 

     ロゴやスポンサーなども正確に塗装にて再現。

ドアラブログ (10).jpg

 

 

こんなデカい靴履いてよくあんなアクション出来るもんだなぁ。。。。。。。

ちなみにこの靴のサイドのマークはドアラの「ド」を現したデザインです。

そう!自分大好きドアラ君。

ドアラブログ (11).jpg

 

 

スポンサーロゴは色の指定もシビアです。

キッチリ色品番の指定があります。

ドアラブログ (12).jpg 

 

 

あ、コレはドアラの尻尾。野球ボール状なのです!

初代のものは、この縫い目がただの白い1本のラインだった様ですが二代目はこの様に

縫い目状に造られていたのでキッチリ再現。

見えない背中側だと言って、こーゆー部分こそ手を抜いてはいけない箇所だとワタシは思ふ。

塗るのは大変だけどねー。

きっとクライアント様が喜んでくれるはず・・・って思いながら塗ります。

ドアラブログ (13).jpg

 

 

 

いよいよ完成。制作期間約20日弱てとこかな。  あー大変、こーゆーの。

最近、この様な等身大のお仕事ホント増えてきましたわ。

先々月も具志堅用高さん造ったとこやし。

何でだろ?

 

ドアラブログ (14).jpg

 

 

 

名古屋へ納品後、ドアラ氏本人による除幕式が有ったようです。

身体のラインもバッチリ同じに出来てるな。  よしよし。

我ながらアッパレ!

 

ドアラブログ (15).jpg

 ドラゴンズファンの皆さん!ドーム行ったら是非ドアラカフェで彼に会ってあげてくださいな!

よろしく~♪♪

 

ではまた!  次は何ネタ書こうかなぁぁぁ・・・

 

ちょっちゅねーの具志堅用高さん

ども幻の守屋です。

お元気ですか?

ワタシは2日前謎の発熱(39℃!)がありオマケにピーピーで。

でも昨日奇跡的に完治。

その間、食欲は普通~にMAX。

肉もチョコもアイスも平気  みたいな。

何じゃ?

疲れとんかな?

 

今日、大阪は物凄い嵐。

台風並みの突風が吹き荒れております。

桜もコレで完全に葉っぱに変身やな。

 

皆さんお花見は行かれました?

ワタクシ守屋は桜の頃は毎年、年度末の駆け込み需要から猛烈に

忙しく、ここ数年、いやこの会社に入ってからまともに花見なんて

した覚えが無い様な・・。

でも今年は何とか仕事の合間に強行。

会社の最寄り駅、近鉄高安駅から隣駅の山本駅までの間に

小川が流れてて、そこがず~っと桜並木になっておる地元有数のお花見ポイント。

入社当時から一度は見たくて計画してはいたものの結局一度も行けず。

やっとこの日が来ました。

 

その桜並木まで会社から徒歩8分。

3分の所にファミマがあるので意気って焼酎買って桜見ながら呑んでやろうかと。

ストレートの黒霧島を握り締めレジへ。

Tポイントカードございますか?なんてレジのおばちゃんに言われても当然無視や。

つり銭が財布に投入される時にはもう黒霧島は開封済み。

早よ呑みたいねんこっちは!

どんだけやねん、ホンマ。

だってワタクシ守屋、ン十年バイク通勤しとるので帰途に一杯ヤルなんて皆無。

夢にまで見た帰途の呑みながらのお花見。

許してあげて。

 

現地まであと5分。

ただの古ぼけた駅前商店街を抜け、やっと到着。

黒霧島は・・・ 

当然カラッポ。

アルコール度数25度。

ものの3分程で飲み干すんやから、そりゃもう桜が5倍くらいに見える訳ですよ。

待望の花見がフライングで商店街の買い物ヒョウ柄ババァ見ながらの焼酎かよ・・・。

初体験がババァか。。

エエ歳こいてしっかりせにゃ  守屋さん。

 

でもねぇ、ホンマに綺麗やったでよ。

 

1428913424093.jpg

さぁ!

春が来て草木もモコモコ生い茂ってきました!

アフロヘアーの如く。

そう!アフヘアーと言えばこの方、表題にあります

   「具志堅用高」

無理矢理な持って行き方ではありますが、この具志堅氏を

先日製作しましたんで、その様子を書こうかな。

 

毎年、2月頃、名古屋の商業施設 LACHIC (ラシック)様からのご依頼で

バタバタさせて頂いております。

このラシック、今年で10周年を迎えます。

毎年、ここではその年にちなんだ駄洒落的な感じで催しされます。

一周年は一歳なので動物のサイをモチーフに。

二周年は二歳、2サイだー!て事で2本の巨大なサイダーの瓶を展示。

ウチの会社では五周年からのお付き合い。

五歳⇒ゴサイ⇒ゴーサイ⇒西郷(業界用語的に逆読みで)

    で西郷隆盛像を製作。

六周年⇒6だ!⇒ラクダ

    で等身大ラクダ像

七周年は⇒ニャニャ周年

    で二匹の巨大な招き猫像

八周年は他社。

九周年は9歳⇒9サイ⇒ごめん9さ~い!

    で吉本新喜劇のチャーリー浜像。

今年はちょうど10周年!つーことで・・・

ちょうど10ねん⇒ちょっ10ね~ん!   

    で「ちょっちゅね~!」でおなじみの

具志堅用高氏という事です、 ハイ。

この10年、泣く子も黙るかなり強引な手口であることは間違いない。

毎年お仕事を頂いていて言うのも恐縮だが、「強引」。

何回も言うが「強引」  もーエエか(笑

もう、ここまできたら主催側も普通~には戻れないはず。

どんどんベタ路線突っ走って頂きましょう!

上記の造形は昔のブログに書いてあると思う。

暇で暇で仕方ない人のみ、遡って探してくれたまえ。

 

さて長過ぎる事で有名なワタシのブログ。

ようやく本編、製作の様子を書きます。

 

今回、製作にあたり、具志堅氏本人に製作期間中(約1ヶ月)、飲まず喰わずで

ずっと同じポーズでワタシの横に立っておいて欲しい。。とお願いしたが

さすがにそれは無理らしいので、大量な本人画像がワタシ宛てに送り付けられました。

ちょっちゅちょっちゅちょっちゅっっ!って感じで。

その画像をしっかり見ながらちょっちゅずつスチロールを削ります。

       中にはこんな巨大なちょっちゅ君画像も。 ↓↓

 

具志堅工程 (12).jpg       削り出し初期はまだこんな箱型のロボちょっちゅ!  ↓↓

 

具志堅工程 (1).jpg        彫り出し一日目で大体こんな感じ。  ↓↓

 

具志堅工程 (2).jpg像の後ろに資料の画像が貼り付けられているが、これはほんの一部。  ↑↑

コレの何倍もの画像が送られてきました。

撮影も大変やったやろなぁ。

 

 

彫り出して約4日くらいかな。 ほぼ完成。

身長、スリーサイズなど細部の情報も頂いているのでそれに合わせる。

んで、クライアント様にチェックをお願いする。

具志堅工程 (3).jpg無事OK頂きお次の工程、FRPコーティング。

 

具志堅工程 (4).jpgFRPの色の濃い所と薄い所があるの解るかな?  

展示時、大きな力が掛かる所は予め予想しFRPを複数重ねて強度を高めます。

これはポーズの形によって毎回様々。

像にどのような応力が掛かるか、像に悪ふざけをするお客様がいた場合、どのような攻撃を

して来るか想像し、それに対処した場所を強化します。

ここは経験がものを言うところ。

ただやみくもにブ厚くFRPを貼るとせっかくOKを頂いたスチロール造形のディテールが崩れたり

物凄く重たくなったりイイ事は無いので。

逆にFRPを厚く貼る必要がある所は予め逆算し、スチロール造形を細くなる様に彫ったり

エッジをよりシャープに彫ることもあります。ちょっとマジメなお話よ。

 

 

お次はお顔。

さすがにお顔はスチロール彫刻では限界がありますので粘土で。

 

具志堅工程 (5).jpg今回クライアント様が大変気にしておられたのが「アフロヘアー」の表現。

モッサリした粘土から、どこまでチリチリフワフワ感が出せるのか?と

心配されてました。

我々造形師もこのテの毛質の表現は大変難しい所がある。

幾度と無くクライアント様とのセッションの後に両者納得行く所まで辿り着けました。

何で世の中にアフロヘアーなんかあるねんっっ!

とかブツブツ心で叫びながら。

とか言いながら、ワタクシ守屋も若かりし頃、アフロヘアーしたことがあります。

宇宙兄弟みたいな。

自分で言うのも何やが意外と似合ってて違和感無かったわ。

具志堅工程 (6).jpg頭部もクライアント様からOK頂き、早速この頭をシリコンゴムで型取り。

顔面にシリコンシャワーを浴び嬉しそーなちょっちゅ君♪ 最高~っちゅね~!

具志堅工程 (7).jpgあ具志堅さんの顔、反転したら寛平ちゃんみたいにはるんやなぁ。ア~メマ~!

具志堅さんがテカテカに脂ギッシュなのは粘土原型にシリコンが付着するのを防ぐ為に

ラッカー塗料を塗っているため。エロさ倍増しとるがな。

具志堅工程 (8).jpgさぁ、ボディの方も仕上げのサーフェーサーを吹き付けてほぼ完成。

具志堅工程 (9).jpg頭部もさっきのシリコン型を用いてFRP成型。

ここで初めてボディとの仮組みです。  ↓↓

首廻りと襟の形状、幅、長さ、横から見て首から背中へかけて脊椎のラインのズレがないか

ここで初めてチェック出来る訳です。

全くの机上の空論、目測のみで進めて来ましたが、バッチリ一発で合いました。

ファミマで焼酎呑んでるオッサンですがヤル時ゃヤリます。

具志堅工程 (10).jpgいつまでも喜んでいられない!

早く塗装せねば!!

具志堅工程 (11).jpg

今回、具志堅さんは自前のアロハシャツで資料撮影されました。

これがまた大変!!全身ヤシの葉柄のシャツ。

マスキングだけで一日かかりそうでした。

 

その間にワタシは頭部の塗装。

先ずは目ん玉から。

ちょっちゅ君、相変わらず笑ってます。

具志堅工程 (13).jpg具志堅さん塗装初期はマンデラ氏であることが発覚!

具志堅工程 (14).jpgアフロヘアーも塗装初期はコロッケの様。揚げ物系。

あ、そういえば商店街で焼酎の呑みながら見たヒョウ柄オバチャン、こんな感じ。

具志堅工程 (15).jpgメガネを着けてチェック。

このメガネ、具志堅さんご本人の着けてるヤツと同じモデル。

値札見たら五万ナンボやった・・・・。

さすがゲーノー人。

こだわってエエの着けてはりますわ。

具志堅工程 (16).jpgボディも塗り終わり。

それでもまだ笑ってます。 このアングルはさすがにキモい。

塗料乾燥の為、この状態で一晩放置。 

絶対夜中喋ってるはず・・・  ちょっ10ね~ん!  言うて。

具志堅工程 (18).jpgやっと首を接着。

具志堅工程 (19).jpg沖縄の人だから屋外に出して日光浴。

太陽光でチェックして肌や服の色が自然か、くすみが無いかチェックします。

具志堅工程 (20).jpg頑張って造っても完成すれば当然引渡しが有る訳です。

この時に、自分の中で引渡しするのが惜しい・・と思えば合格ライン。

反省点が多く悔いが残って違う意味で引き渡したく無い・・と思わない様に

頑張る今日この頃。

具志堅工程 (21).jpgさっきまで工場に有った具志堅君が台座に組み込まれ、ワタシの手元から離れます。

嗚呼、悲し。

 

 

製作前、ガッツリ資料を頂いておきながら、現場にて納品、取り付け後に初めて、何故今回

この人が選ばれたかの内容を知る事になる。

こーゆー事らしいですわ。   ↓↓

 

具志堅工程 (22).jpgなるほどね~・・・  。

 

 

この様に記念撮影するのが正しいそうです。

具志堅工程 (23).jpg

 

 

画像悪くてスミマセン。(設置が夜間の閉店後なので暗いのら)

設置後の全容はこんな感じ。

バックパネルにあるゴング型のボタンを押すと具志堅さんの声で

色々なセリフが流れます。(季節に応じてかなりのパターン有り)

多分バックパネルの裏に一年間本人さんがバイトで入ってると思うよ。

具志堅工程 (24).jpg名古屋へお寄りの際は是非会いに行ってあげて下さいな。(場所は栄、名古屋のド真ん中だがや)

 

ではまた!!!

 

 

 

造形教室

無料造形教室ですが 今年に入ってからも なかなか一般募集が出来ません

1・2・3月と 既に団体さんの予約が入っていて居ます

今のところ多分4月は 一般募集できそうです

 

造形教室ではありませんが 地元の中学校の 『職業体験学習 2~3日間』 というようなものが

年間3回ほど行なっています

また夏休みになると子供会等による予約も入ってきますので

一般募集できないのが現状です

 

IMG_1702.jpg加工.jpg

 

18~20日に行なった 職業体験学習で マグロ作りをしてもらいました

3日間なので 色付けまでできませんでした

 

 

TVスタジオ

先週 j:comのスタジオに行きました

生放送での撮影でした

いつもは録画なのであまり緊張しませんでしたが 今回はナマなので

とちらないかと気をもんでましたが たいした事有りませんでした(場慣れしたのかな)

 

IMG_1682.jpg

 

放送内容は いつものパターンとほぼ同じでした  (スタジオ録画 今回で3回目)

でもケーブルテレビなので見ることが出来ませんでした

 

 

お子様の教育に感心のある方に

下記は余分な事ですが思い出深いのですこし書きます

スタジオの同じビル内で 懐かしい参考書が飾ってあるのを見つけました

奨学社の『最高レベル シリーズ』の参考書です

コレは24年前 息子に与えて いっしょに取り組んだ参考書です

この本のお陰で 息子は 国立から商社へ勤めるようになり現在ロンドンで働いています

当時の参考書選びは とりあえず書店で1科目4.5点買い込み そのあと家で1冊に絞り込みまし

た  残りは廃棄です

『最高レベル シリーズ』 コレお勧めです 絶対に賢いお子さんになります

 

 

スタジオ録画が午後5時過ぎに終わりました

ココは 芦屋なので 帰りに 長田まで出かけました

もちろん 『鉄人28号』を観る為です

前から行きたいと思っていましたが 神戸方面へ行く機会が有りませんでした

 

IMG_1685.jpg

 

この作品は FRPでなく 金物で出来てます

さすが実寸大 迫力がありますね

 

 

 

 

 

 

 

ご無沙汰です(4?年ぶり) 恐竜

中村です

ブログ 守屋君に任せて4年ほどたちます

守屋君も忙しく ブログどころでは無いようです

そこで これから せめて1週間に1度ぐらいは顔を出すように

勤めたいと思ってます

 

 

恐竜

 

 

来週TV出演の為 資料をあさっていると 1枚の写真を見つけました

工場倉庫内での写真です

バックに色々と作品が移っているように 倉庫内に沢山の作品があります

近くに来た時には どうぞ足を運んで 見学にでも来てください

 

未発表の作品も沢山溜まってます

少しずつUPしますのでご期待ください

中村雅英

 

 

 

    何でやの?

ども守屋です。

 

昨日、ヤフーのトップページにウチで製作させてもろた「河童」が載ってると

ブログで書いたんですね。

ほんでもって昨日のアクセス数、ナンボくらい上がったんかなぁ~?て思って

調べたんですわ。

そーしたらね、昨日(1/29)ヤフーに載ったのに、3日前の1月の26日からウチのアクセス数が

既に通常の7倍くらいに跳ね上がっとるんですわ。

7倍やで!

グイグイやで!

 

    何でやの?

 

ウチの会社、よくテレビの取材を受けて放送されるんやが、そんな時でも

アクセス数は通常の3倍程度上がるくらい。

26日は別に何の放送の予定も無かったし、普通~にハナクソほじって仕事してたんやけど。

 

誰か有名処の方が紹介してくれたんかなぁ・・・。

全く謎やわ。

 

26日からこのブログを読んで下さっている皆さん、何処でウチのサイトを

お知りになったか教えてください!!

教えて下さった方の中から抽選で1名様にワタシのサイン入り発泡スチロールの破片クズを

プレゼントしちゃいます!

奮ってご応募くださいませ!

 

いや、冗談は抜きにして、ホンマに教えて下さい。

お電話でも掲示板に書き込んで下さっても良いですので。

お願い致します。

 

ではでは宜しく。

 

 

 

 

yahooトップページに河童が!

ども!  守屋です。

本日(1/29)のヤフーのトップページに前回ブログで紹介した兵庫県福崎町の「河童」が

載ってました!

 

それだけなんスけど・・。

ウチのアクセス数上がるかな?

yahoo河童.jpg

2015 明けましておめでとうございます!

ども!

明けましておめでたい守屋です!

2015年ですよ。

早いねぇ・・・  ノストラダムスが人類滅亡言うてから15年以上経つんやで。

不況や天災やら色々あった世の中だけど、何とかちゃんと生きてるもんな、ワタシ。

ありがたいね。

一日3回キッチリ腹が減って、一日1回寝る。

当たり前だけど、この一連の動作の有り難味が段々解って来たよーな気がする。

健康の有り難さ。

もうジジィやな、ワシも。

煮物やらが旨いと感じたり、シナモンや山椒やらが効いた物が旨いと感じる瞬間があったり。

許せない人が許せたり。。。

いま、平均寿命の半分を越えたトコらへんやけど、どんな爺さんになるんやろ?

子供の頃、歳をとったらゾウガメになりたいと真剣に思っていた病んでたよーな時期もあったけど

今は自分の老後のイメージが全く湧いてこない。

考えたくないのかな・・・?  こんな世の中やもんなぁ。

 

さて、今年の干支は未。

テレビみてたら羊とヤギの鳴き声違いのものまねしとるヤツがやたら多いな。

全然オモロないのに。

そんもんワタシは幼少の頃からやっとるわ。

羊の造形の記事書こうかと探したけど見当たらないので独断で河童にします。

つーか、ちょうど一年前のこの河童(兵庫県福崎町の)を必死で作ってましたので。

一年も書こうと思って放置。  アカンがな。

 

ではスタ~ト!

 

兵庫県福崎町の地域振興課の職員さんから「カッパの人形を造りたい。」と相談がありました。

また後ほどイメージの人形の画像送りますんで見といて下さい。  と。

 

「あぁ、またご当地ゆるキャラかいな・・」 と思い添付ファイルをクリック。

 

k1.jpgなな何ぢゃっっ!!!!

妖怪大辞典とかに載ってそーなカッパやん!

しかもNSP(造形の上級者とかが使う粘土)で造っとるがなっ!

この地域振興課の職員、タダモノでは無いな・・。

 

お会いして打ち合わせ。

 

「やっぱり。」

 

ガッツリ趣味の範囲を超えたプロでした。

内心、「正直こーゆー方、厳しいから苦手なんよなぁ」

と思ってお話してると、まーオモロイ人。

同世代もあってか盛り上がる盛り上がる。

打ち合わせか何か解らんくらいに。

でもまぁ、お堅いお役所の人なのでキメるところはビシッ!と妥協無しに

求めて来られます。  オ~怖っ!

k1 (1).jpg幾度と無く月例会議を繰り返し、機械設計や土木工事業者とのすり合わせが行なわれます。

会議の半分は、下ネタ会議なのですが。。。。。。。。。。。。

ウソですよ。  ホンマにガッツリ真剣に打ち合わせをし、各寸法、工程協議を行ないました。

全く違う業者同士、ましてや造形屋という、彼等には経験の無い業種を挟んでの会議です。

キッチリ機械設計してもファジーな造形物が絡むと計算が全て狂う様です。

バッチリ計算していても、「やってみな解らんなぁ」という言葉が最後には出てきます。

 

悩んでいても納期は迫る。

例のミニチュアを基に原型の製作開始。

k1 (2).jpg今回、池の中に(水中)設置するタイプと陸上に設置するタイプの2体の発注を頂きました。

陸上タイプで原型を造り、水中タイプはそれを改造して使う事に。

k1 (3).jpgコレが陸上タイプのポーズ。 ↓↓

右手に握るのは「尻子玉」

カッパが人間から抜き取ると云われる架空の臓器。

k1 (4).jpg

この原型を型取りします。

 

k1 (5).jpgその型を使って各パーツを2個ずつFRP成型する。

 

k1 (6).jpg     コレが上記の原型から改造された水中バージョン。  ↓↓

    同じ型から造られたとは思えないくらいの違いでしょ?

k1 (7).jpgその後、ツメや皮膚のディテールを造り込んで行く。

「ワニ皮」をイメージしてくれ。  と打ち合わせで言われましたので、こんな感じで。

k1 (8).jpg全体のフォルムが完成したところで一旦、装置に組み込み特設プールにて昇降テスト。

知らない方もおられるといけないので申しますが、このカッパ、水中(池)からガバッと突然現れ

静かに沈んでいく・・  というものです。

カッパの台座に青い鉄アレイが置いてあるのがお解かり頂けると思う。

前後左右の重さバランスを出して常に水平を出すデータを取ったりする。

スライド部は機会屋さんが設計したものやがコレがなかなか上手くスライドしない。

机上の空論では片付かないのがこの手のお仕事の定石。

ホームセンターに何度も走り、仮の冶具を製作したりして、極寒の中水浸しになり

それはもう大変でした。

大の男達が何人も寄ってたかってカッパごときに真剣にやってる姿、ちょっと感動した。

k1 (9).jpg何とかデータも取れ、河童は再びポップ工芸に運ばれ、最終の仕上げを始めます。

先ずは眼球の塗装から。

イエロー系の猫目で、とう事なのでこんな感じに。

k1 (10).jpg塗り終わった目玉をマスキングしてボディの塗装。  ↓↓

基本的にプレデターの様な配色で、とう言うことなのでそれを参考にしながら・・

k1 (11).jpg設置する場所は目線から数メートル離れた所なので細かな部分は見えないんやが、

発注主が妥協を許さない男なので、それはもう、細かな所まで塗装してあげました。

皮膚の透け感とか毛細血管とかも。

k1 (12).jpg

 

 

k1 (13).jpg今回、担当の職員がどうしても譲れない条件だったのが「毛の植毛」。

通常シリコンゴムなんかで造られた造形物には植毛は比較的簡単に(大変な作業だけど)行なわれるんやがゴリゴリのFRP造形に植毛なんぞ聞いたことが無い。

屋内のお化け屋敷なんかではヅラを被せりゃ簡単に出来るんやが、そんなヅラ、屋外の水中でどれだけの耐候性があるかなんか容易に想像がつく。

すぐに抜け落ちてハゲ散らかすことになる。

布地屋で糸を探したり、釣具屋でテグスなんかも探した。

コスプレ用のヅラなんかも比較したり・・・・

散々探し回り見つけたのがコレ。

工事現場なんかでよく使われる黄色と黒の虎ロープ。

この素材なら屋外、水中でもバッチリ。

コイツを購入し編まれたロープを1本1本まで解いていくと

これまた、ちぢれ具合も理想的。

   ただ・・・コレに効く接着剤は無い。  皆無。

仕方ない、頭部に穴を無数にあけ、ロープ状のまま通し

毛先を1本1本解いていくという、目眩がしそうな作業でしか取り付け不可。

あざ笑うかの様なカッパの表情にイラッときたので植毛前にチョンマゲリボン付けて

記念撮影。   ↓↓

k1 (14).jpg          要はこーゆー感じね。  ↓↓↓

 

k1 (15).jpgロープ同士は頭部内にてステンレスの針金で結んであります。

数年、数ヶ月後にこの頭髪も植え替える事を想定してある為。

 

 

とりあえず全てのロープを解いた状態。  ↓↓

ワッサ~ッ!! て感じなのでコイツをキレイに散髪します。

 

k1 (16).jpg

こう見えてワタクシ守屋、美容師経験が3日ほどあるのでチョキチョキ楽しくカット♪♪

 

k1 (17).jpgつーのはウソ!

楽しいはずが無い。

この時、夜中の4時!!

ロープを解く作業があまりにもあまりにも大変で時間がかかり、納品ギリギリでこの有様。

この時ばかりは福崎町の池にに隕石でも落ちてくれないか祈ってました。

 

 

 

      キレイサッパリ男前にキモ可愛くなりました。

k1 (18).jpg無事、納期に間に合い、例のテスト用特設プールに持ち込み最終チェック。

 

k1 (19).jpg

このカッパの下の茶色い丸い台座にエアーが送り込まれ、その浮力で昇降する仕組み。

この方法が一番安上がりでシンプルな構造。

まともに機械式のメカ駆動にするとレクサスどころかベンツあたりも新車で買えるくらいになりますから。

でも、エアーを送って浮き沈み・・  とか簡単に言ってますが、こんなコントローラーを製作し

エアーの供給量やタイミングなんかをプログラムしてんだゾ。

k1 (20).jpgんで、肝心な設置の画像とか動く動画やらは?  言いたいところでしょう?

 

   無いんです。 取り付け作業で必死でしたので撮れてません。。

 

 

ご心配なく。

 

このカッパ、物凄く話題になりメディアに取り上げられ、超有名になってますんで

      「福崎町  河童」  なんかでググッてみて下さい。

腐るほど画像やら動画あがってますから。

 

新年一発目の製作日記、長々と綴りましたが最後まで飽きもせず

お付き合いくださりありがとう。

がんばって二発目、三発目と続きます!  多分。

乞うご期待!!

では!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2014 お世話になりました!

どおも!  守屋です。

 

もう今年も終わりですよ。

早いねぇ・・

どーでした?今年は。

ウチの会社は相変わらず一年間、バタバタしてたなぁ。

今年は辞めていったスタッフもいたりして人員的に大変でしたわ。

来年度も新規スタッフ(アルバイト&社員)、大々的に募集しております!

我こそは!と考える猛者、奮ってご応募ください。

 

ワタクシ守屋、公私共に今年は色々有りましたわ。

親父が亡くなったり自宅の売買とか。

激動の一年だった様に思えます。

 

仕事も振り返ってみると濃い一年でしたよ。

今年こなした物件、アルバム開いてザ~っと見てみた。

 

先ずコイツ。

    兵庫県福崎町の「河童」。

 

2014 (5).jpg去年末から製作始めてて、極寒の今年初めに現場で取り付け。

その後コレがとんでもなく話題になり、各メディアの取材の嵐。

珍百景の番組では総合アワードを獲る始末。

今でも取材の勢いは止む事は無く、雑誌やTVの問合せ多数。

 

2014 (6).jpg勢い付いた福崎町地域振興課、既存の河童をリニューアル。

ぬぁんと!お次は河童を真っ赤に!

 

2014 (4).jpgコレが功を奏し、取材の嵐、再燃。

初号機よりコワくなった!グロくなった!  と話題になり現場に訪れるお客さんが増えたとか。

明けても暮れても河童河童河童な毎日で、正直しんどくなってたけど、これだけ話題になると

頑張った甲斐が実感できます。

 

次に印象深かった仕事がコレ。

映画「テルマエロマエⅡ」の宣伝のため製作したルシウス像。

2014 (7).jpgこれの反響も凄かったです。

製作を依頼してくださった東宝の広報担当の方が、このルシウス像の除幕式に

製作者である理由からこのワタクシを式の壇上に上げ、俳優の阿部寛氏との

ツーショット対談など設けて下さるもんだから参りました。

ホントいい経験をさせていただきました。

死ぬほど緊張したけど。

その後、立て続けに東宝様からは映画「GODZILLA」の2メートルの像の発注を下さり、

胃に穴が開くのでは?と思うほどのプレッシャー味わう一年に。

 

 

2014.jpgその他、色々な思い出があるのをピックアップ。

 

下の画像は札幌にある弁当屋さんの看板。

コレは兎に角納期が無い所に金物屋さんのミスで金物の寸法が間違っていたりで、

    「もうアカン・・・  絶対間に合わない・・・。」

と思った案件。

 

なんとか徹夜で間に合わせたけど。

2014 (1).jpgコレは吉本新喜劇の「チャ-リー浜」氏。

名古屋の商業施設、ラシックに設置。

オモロイ仕事でした。

でも今年多かった、「似せる」というプレッシャーの高いお仕事、

自分の成長、会社の格を上げるという意味では最適な気がするけど、

確実に寿命が縮まる気がして仕方が無い。

どうなんでしょ?

2014 (2).jpgんでお次。

この会社に永く勤めていると、数人居る職人の中で何となく暗黙の了解的な感じで

造る(与えられるお仕事)内容が決まってくる。細かいのが苦手な職人は、おのずと大振りな

数メートルクラスのお仕事を担当、若手女性スタッフは繊細な物や可愛いキャラクターなど、と

何となく割り振りというか担当が決まってくる。(ワタシが割り振るんやが)

ウチの社長は、「立体造形看板」というジャンルを世に広めた第一人者と言っても過言ではない。

いや、過言か。。

ことワタクシ守屋はもちろん全般を担当するんやが、最近は超有名キャラなどの

いわゆる「難しい系」を任せられることが多く、

上記の様に物凄いプレッシャーと戦っているんやが、つい最近、下の画像の様な

「立体造形看板」の代名詞的な「松葉カニ」の製作を担当した。

今となってはこれくらいの造形は最近担当している「難しい系」にくらべりゃ

朝飯前な感じで何のプレッシャーも感じずスイスイと完成

させたんやが、完成してふと思うことがあった。

2014 (3).jpg    「やっぱりウチの会社って、オモロイな」  と。

ウチ会社の社長が道頓堀の「金龍ラーメン」の造形看板という仕事から始まり、いまこうやって様々な「難しい系」やキャラクター、フィギュアなどジャンルを問わず、どんどん全国から発注を頂ける様な会社になりました。

「自分達で様々な得意ジャンルを開拓してる会社。」

本来、社長が得意とするジャンルのカニの造形看板に携わり

そんな気持ちになりました。

しかも上記の作品達のように、お客様に喜んで頂け、同じ会社から何度もリピート頂ける

会社にもなりました。

本当に有り難い限りです。

これはスタッフ達のお陰です。

それに尽きます。

日々良い作品を造ろうと思う気持ちが形となって今のポップ工芸があります。

忙しすぎてこの会社、飲み会などこの一年、一回も無い会社です。

忘年会も無しです。

さすがにコレはアカンと思いますが。。

 

改めて良いスタッフに恵まれてワタシは嬉しいです。感謝です。

 

   「ありがとう」

 

本来、締めのブログなんか、お世話になったお客様に感謝の気持ちをお伝えするところ

なんですが、ゴメンナサイ。

今回はスタッフに感謝させてください。

 

この勢いでポップ工芸、来年も良い作品造りに精進してまいります。

数ある造形屋の中から弊社をご贔屓くださり、本当に有難うございました。

来年もよろしくお願い致します。

 

来年はブログちゃんと書きます。(毎年言うてます)

 

では皆様、良いお年を~!!

 

 

 

 

 

 

 

ゴジラ! GODZILLA! 哥斯拉! (仕上げ編)

ども!どーもどーも守屋です。

あまりのブログ更新の無さに「もう守屋死んだんじゃね?」と皆さん

思っておられたでしょう。

死にません。死んでられません。公私共に忙しすぎて。

お仕事は相変わらずパンパンに忙しいんやがワタクシ守屋は自宅の売却&購入で

銀行走ったり書類そろえたり、当然引越し作業でてんてこ舞いでござる。

まだ自宅の部屋はダンボール屋敷なのだ。

何とか日曜日に休みが取れても引越しの後片付けやらでドタバタ。

ホッとコーヒーすら落ち着いて飲んだ記憶が数ヶ月御座いません。

もう心身共にスカスカのボロボロなので昨日、工場の片隅に「花壇」を一瞬で作り上げ

心のオアシスにしようと社長にお小遣いもろてお花を大量に買ってきて植えました。

 

花壇.jpgエエもんですなぁ、お花も。

ホンマに癒されます。画像に写ってるのが花壇の左半分です。

全長3メートルの花壇を作ってます。

右半分は何も植えずに空けてあります。

疲れてワタシに万が一の事が合った時、この花壇右側に土葬して頂く為に・・・。

 

この会社は土葬されてる私ですら掘り起こして働かせると思いますが。。。。。。。。

 

 

さて!もう数ヶ月も放置していた前回のゴジラブログ、スチロール原型まで書いていたと

思うので、その続き、表面の仕上げを紹介します。

 

出来上がって一次監修でOKを頂いたスチロール原型、頭部はスチロール造形では

細かな部分の再現に限界があるので、そのスチロール原型の表面に粘土を盛り

細部を造り込み、シリコンで型を取りFRPで成型します。

ゴジラブログ仕上げ.jpg粘土を盛る事を想定してスチロール原型は数%小さく造っておく必要があります。

ゴジラブログ仕上げ (1).jpg

            眼球はパチンコ玉くらいに小さい!

ゴジラブログ仕上げ (2).jpgボディ部はスチロール原型にFRPをコーティングして強度を高めます。

          独り寂しくFRPを貼る守屋テツシ44歳。

ゴジラブログ仕上げ (3).jpg         頑張って全体コーティング。

尻尾にまだ白い部分ありますが、ここでボディと尻尾を分割する部分になります。

ゴジラブログ仕上げ (4).jpgさぁ、ここから泣く子も黙る怒涛のウロコ貼りが始まります。

適当に大小さまざまなウロコを並べている訳じゃないのよ!

ちゃんと資料を穴が開くほど観察し、ウロコの位置、大きさ、形状を把握したのちに一枚造る・・

といった作業が永遠と続く・・・  続く。

ゴジラブログ仕上げ (5).jpg

 

ゴジラブログ仕上げ (6).jpgほぼ造り終えた状態。

一体何枚有るんやろ?ってスタッフと話してたら、本当に東宝の広報さんから

「ウロコは何枚あるんですか?」って電話で質問されましたので、

「数えに来てください・・・」て答えたらそれっきり連絡が途絶えました。

ゴジラブログ仕上げ (7).jpgここで一旦、白いサーフェーサー(下地剤)を吹き付けます。

白く染める事によりウロコの形状、隆起の具合がハッキリ見やすくなります。

そして細部のチェックを行ないます。

色々な形状のウロコが有るのがお解かり頂けると思います。

今回のゴジラは基本、「ワニ」の皮膚をモチーフにしているのが見て取れます。

ゴジラブログ仕上げ (8).jpg上記のチェックで問題が無い様なので、今度は黒いサーフェーサーをしっかり吹きつけます。

黒を使う理由は塗装後、万が一キズを付けられた場合、下地が黒だとキズが目立たない為。

それだけ。

ゴジラブログ仕上げ (9).jpg       細部のウロコもちゃんとやってますョ。コレはゴジラの内股部分。↓↓

       見えないトコも拘らないと全国のゴジラファンに怒られちゃうから。

ゴジラブログ仕上げ (10).jpgウロコと並行して、冒頭で触れた頭部もFRPで成型。

アゴは別パーツで成型。

ゴジラブログ仕上げ (11).jpg牙を1本1本植え付けいく。

簡単には折れない様に全ての牙にはピアノ線の骨芯を仕込んでおきました。

ガンバレ守屋!

もう気力のみで動いていた気がする。この頃。

ゴジラブログ仕上げ (12).jpg頭部をボディと接合。一番テンションが上がる瞬間。↓↓

ゴジラブログ仕上げ (13).jpgテンション上がって喜んでいられるのも束の間。

     また接合部のウロコ造り。。。。。  嗚呼ウロコ、ウロコ。

ゴジラブログ仕上げ (14).jpgで、永かったウロコ造りから開放され、やっと塗装。

瞳から塗ります。

何回も言うけど、まぁ目の小さい事、小さい事。小指の爪ほども無いくらい。

ゴジラブログ仕上げ (15).jpg口や爪などを塗り身体全体の塗装に入ります。

 

ゴジラブログ仕上げ (16).jpgただ黒い身体に見えるけど、物凄い色数が重ねられて出してる黒なので

照明の具合により深~い色合いに見えるようになってます。

ゴジラブログ仕上げ (17).jpgツメも汚~くネ。

ゴジラブログ仕上げ (18).jpgパチンコ玉程の大きさの目に恐怖を抱いて頂ける様に塗装をするのは

大変でした。

ワルそぉ~になりました。

ゴジラブログ仕上げ (19).jpgカッコイイねぇ。この画像はスポニチ誌に掲載されましたわ。↓↓

 

ゴジラブログ仕上げ (20).jpg     下からのアングルもよろし。

ゴジラブログ仕上げ (21).jpg

 

 

約二ヶ月、ゴジラに振り回され3キロも痩せ細ってしまったワタクシ守屋。↓↓

可哀想に。。ホンマにガリガリやがな。

 

もう今はプリプリだけどー(笑

 

ゴジラブログ仕上げ (22).jpgこの後、即座にトラックへ積載しフェリーに乗って福岡へ納品しに行ってきました。

その展示の様子も時間があったらお伝えします!

時間無いくせに!ホンマに書くんか!?  って声が聞こえて来そうですけど。

まぁ気長に待っててくだされや。

 

ではまた!!

 

 

社員、アルバイト募集中!!

現在、アルバイトさんを募集しております!

期間は相談(試用期間のち社員登用考慮いたします)

出来ればすぐにでも来てくれる方。

時給1000円~ (経験により優遇)

基本は様々な造形物の製作がメインとなりますが

3DCAD(ZBRUSHなど)出来る方、特に希望します。(興味ある方でも大丈夫)

 

元気で笑顔の素敵な方、お待ちしております!

 

先ずはお電話ください。

担当:守屋マデ

 

ゴジラ! GODZILLA! 哥斯拉! (原型編)

ど~も~!!!!

守屋です。

久しぶりのブログ更新です。

もうね、ホンマ忙しかったんですわ。

最近、地方の現場に行く事も結構多く、当然、工場でも数件の造形を並行して

製作する日々がずっと続いております。

 

シビれ切らせて先ほど社長がフライングでゴジラネタのブログ書いた様ですが・・。

それはそれで。

 

製作日記らしい内容のブログを最後に書いたのは確か3月末あたりに

テルマエロマエのルシウス像の製作のかな??

よ、よ、4ヶ月放置の有り様。

4ヶ月もあったら、その間に皆さんも色々な事があったでしょう?

どんな出来事が心に残ってます?

ワタクシ守屋は・・・  お笑い芸人の「春一番」氏が先日亡くなったことかな。

そう、アントニオ猪木ものまねの第一人者。

好きだったなぁ・・春一番の猪木。

基本、猪木ものまねの芸人はみんな好きなんやが春一番のは別格。

猪木のさりげない会話のものまねなんかは絶品でした。

ホンマ残念ですわ。。

 

ま、春一番なんて皆さんにはど~でもイイ話でしょから

これくらいにして製作日記いきまっせ!

   

    GODZILLA!!

 

そう!世界中で物凄い興行収入を叩き出している今一番アツい映画。

ギャレス・エドワーズ監督

ハリウッド版ゴジラは98年に第一弾が発表されてるけど

「ありゃゴジラぢゃね~よ・・・」て酷評。

完全にティラノサウルスなフォルムでゴジラファンを凹ませた作品。

それだけに今回の作品に注目が集まったのは当然。

しかも初代ゴジラから、ぬぁんと60周年ときたもんだ!!

盛り上がらずにはいられまへん!

 

で、改めて 「ゴジラ」

語源はゴリラとクジラのハイブリッド造語とか。 超強引。

日本語 ゴジラ

英語 GODZILLA  (ガッズィーラぽく読む)

中国語 哥斯拉   (多分グゥースゥーラーみたいな読み方のはず。知らん)

 

当然、本編の中では出演者は皆、GODZILLA(ガッズィーラ)と発音しておるのだが

今回出演されてる渡辺謙氏だけな「ゴジラ」とハッキリ発音されてます。

監督に指示されようがそこは日本人だけに絶対に譲れなかった、

と言うのは有名なお話。  さすがやな、カッコよろし。

 

そのGODZILLA、今週7/25に日本で上映開始にあたり、映画PR用の等身大

(つーても当然人間の等身大サイズね)のフィギュアの製作依頼を東宝様より

頂きました。

東宝様とは前回、テルマエロマエⅡでお世話になったばかりです。

その時のルシウス像の出来栄えに太鼓判を頂き、今回GODZILLAの製作も

是非ポップ工芸へお願いしたい!と仰って頂きました。(大大大泣

 

では気合入れていきましょう!!

 

この製作の企画が上がったのは去年の11月頃。

企画の内容は、二転三転し(最初は巨大なゴジラの目だけを作る案だった)、

最終的な案やフィギュアのポージングなどが纏まったのは今年3月くらいだったかな。

前回のテルマエ同様、今回も製作に関する資料はほとんど無し。

兎に角シークレットで製作されていたこの映画、東宝の広報担当者様ですら

本編は見た事が無いという状態でのスタート。

数枚のミニチュア模型の画像と別企画で製作されていた上半身の1/10モデルを

資料として頂き製作開始。 なので毎回の事やが物凄い不安。

製作後の設置スペースにもかなりの制約がある(1・8×1.5m内)ので、かなりコンパクトに

納めないといけないとの事。

 

先ずは粘土で1/10ラフモデルを製作し、全体のバランスを調整します。

godzilla製作原型 (1).jpg相変わらず汚ねー作業場であります。 お許しを。

 

 

左側のが資料で頂いた上半身モデル。↓↓↓

コレはのちに量産され映画館で売ってるドリンクのカップに取り付けられ販売されます。

   GODZILLAドリンク・・・・

     一体ゴジラの何汁が入っているのか!?

    気になる人は映画館で購入するべし!

godzilla製作原型 (2).jpgこんなに狭いスペースの中に身長2メートル、全長4メートルのゴジラを納めないといけません。

決して不自然なポーズにならない様に!と東宝様より。  厳し~っ!!

godzilla製作原型 (3).jpgとりあえず何とかポーズは決まりました。

スペースの事もあり、あまり荒々しくなく、どちらかと言えば凛とした感じで

恐怖感を出してみました。

今回のGODZILLAはフルCGと言う事もあり、物凄く緻密に

デザインされているのがよく解りました。

骨格とか筋肉の付き方など見ますと、人間と恐竜のそれらを巧く融合させているのが

見て取れます。

godzilla製作原型 (4).jpg

その後東宝様へこのミニチュアでポージング、全体の肉付き骨格などの一次監修を受けます。

監修も無事に終わり、次の工程、スチロールの実寸原型へ移ります。

この粘土モデルにスチロールのブロックの大きさのラインを入れ、

どこで貼り合わせするかの割り出しをします。

godzilla製作原型 (5).jpg                                                               このミニチュアモデルを10倍した大きさでスチロールにお絵かきし、ニクロム線で輪郭をカット。

全ての造形はこんな段階から始まるのだよ。

ただただ巧くいくか不安でたまらない段階です。

この段階の頃は、かなり情緒不安定になり、

物欲、性欲、食欲やらモゾモゾ湧き出して取り乱します。  あくまでワタシの場合ですが(爆

godzilla製作原型 (6).jpg

                                                                                 悶々してても何も始まりません。

どんどん不要な部分をそぎ落としていきます。

コレがGODZILLAに変貌すると誰が思いますか?この段階で。↓↓↓

godzilla製作原型 (7).jpg                                                                          だんだん、ぽくなってきた感はありますが、まだまだです。

ホンマにまだまだ不安な段階であります。

この段階では、ファミマに行ってファミチキを一気に4個喰うたろか・・・  とか考えてしまいます。

物凄い情緒不安定です。

godzilla製作原型 (8).jpg 

 

だいぶゴジラらしくなってきましたが原型完成から言うとまだ2~3割くらいの段階。

カレー喰いたい。。 ココ壱でトッピング全部乗せたらナンボやろ・・

とか、少しまともな事を考えながら彫ってる段階です。

godzilla製作原型 (9).jpg

                                                             

 

 

 

 この段階で4~5割くらいの進み具合でしょか。   ↓↓↓

 

缶コーヒーじゃなくスタバで美味しいコーヒー飲みたいなぁ。。

くらいの心の余裕が芽生え始める頃です。

 
godzilla製作原型 (11).jpg
godzilla製作原型 (10).jpg                                                                      

 

                                                           

全体のフォルムが完成し、細かなディテール彫りに。  ↓↓↓

ツラい自分との戦いも終わり、作業的には楽しい段階となります。

が、、、、 今度は周りの人の評価が気になり、どうしようもなく怖くなる段階です。

全然似てないやん・・・。  とか、ここのラインが変や・・・。 

とか思われてんちゃうかなぁ・・。 と、被害妄想が甚だしい。

 

 

結局、終始情緒不安定になる大変なお仕事であるのは間違い無いです。

 

造形師を目指す若人よ、豪快に生き、心は常にズ太くあれ。

 

じゃないと逝きます。 身も心も。

 

godzilla製作原型 (12).jpg

 

 

     もうカメラを向けられても笑顔すら作れない悲しい人

             守屋徹志 43歳 ↓↓    

    

          こないだ厄年は終わりました。

          明るい未来を望みます。  合掌

 

godzilla製作原型 (13).jpg

 

 

 

 

スチロール原型が完成した後、FRP樹脂をコーティングし、ウロコを一枚一枚パテで

造って貼っていくんやが、このスチロール原型の段階でも、ある程度のウロコの隆起や

シワなどは予め造っておきます。

godzilla製作原型 (14).jpg

 

 

だいたいこれでスチロール原型は完成かな。godzilla製作原型 (15).jpg

 

はーーーー・・・・   大変やったわ。

なんだかんだで2週間ほどかかったんちゃうかな?

ウチの仕事でスチロール原型だけでここまで日数かかったの初めてちゃうかな?

 

頭部が切り離されてるけど、頭部はこのスチロール原型に粘土を盛って細かな

ディテールを造り込みシリコンで型取りしFRPに置き換えます。

ボディはさっき書いた様にFRPをコーティングしパテでウロコを一枚一枚造って

貼るという、ある種 拷問、職人虐待に近い作業が待っております。

 

続きの拷問、虐待の様子は次回ブログで書きますんでお楽しみに♪

 

ではまた!

良いお年を。      えっ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出しました「ゴジラ」

「ゴジラ」 いよいよ25日から公開上映します

 

ゴジラ.jpg

 

製作の話(ブログ)後日掲示すると思いますが

担当者忙しくて それ所で無い様です

 

 

今日気が付いたのですが そういえば昔まだ1人で仕事をしてた頃

「2000年プレミアムゴジラ」を東京と大阪で2台作ったことを思い出しました

大きさは 高さ5.5m全長12mととても大きかったです

年末でクリスマスを兼ねていたので 全体をモールと2000個のイルミネーションで

装飾しました

本体はその当時私が得意としていた金網で作っています

前に書いたように当時は1人で仕事をしていたので 金網原型を1人で1週間で

2台仕上げました

今から思えばすごく短時間でつくった記憶があります

 

ゴジラ

背中のひれは発泡スチロールで一番高いひれで2mあります

モールや2000個のイルミネーション装飾は業者さんに手伝っていただきました

装飾だけで2日/1台掛かってます

 

ゴジラ3.jpg

 

 

またテレビ出まっせ~!

どーも守屋です

ウルトラご無沙汰しております。

7月14日(月)に、以前チョット紹介しました兵庫県福崎町の河童クンが

またテレビで紹介されますよ。

関西ローカルだけどね。

 

読売テレビ

朝の報道番組 「す・またん!」  です。

7月14日(月) 朝6時25分位からの放送予定 (早ぇ~よ!!

 

 

頑張って起きて見なされよ!

 

ガジロウ.jpgブログ爆放置してゴメンナサイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

兎に角忙しいんだわ。

でも!

近日また書きます!ゴジラの製作でも書こうかな。

もう直ぐ公開だし!!

                            コイツね  ↓↓↓

 

260004_615.jpgスンゲー豪華ショットだしょ?

お楽しみに♪

ではーーーーーー

めさましテレビ 3dキャラクター

先日放送されためさましテレビで 作ったキャラクターです

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=664847880253508&id=479105018827796

 

スチロール加工に水性塗料塗装です

製作時間は スチロール原形に5時間 塗装に3時間と2日に分けて撮影が行なわれました

撮影は定点カメラで最初から終わりまで連続撮影でした

いつものテレビ取材などは時間の関係上 前造りしたりして気楽にしてましたが

今回は それが出来ず 少し大変でした

五月、短期アルバイト募集! してます。

五月、短期アルバイトさんを募集します。

若干名。

 

作業内容はキャラクター人形製作や造形作業の補助全般。

器用な方は原型でも何でも挑戦してもらいますのでイイ経験になるかもです。

ゴールデンウィーク明けくらいから勤務できる方希望します。

出来るだけ毎日入っていただける方。(9:00~18:00くらいで)

基本、土日はお休みです。

 

年齢男女問わず。

時給1000円~  (経験により優遇)

 

お電話の上、履歴書持参でお願いします。

ご不明な点はお電話ください。

 

元気で笑顔のイイ方、お待ちしておりますよ~!

 

担当:守屋 マデ。

テルマエロマエⅡ ルシウス像除幕式

どーも 守屋です。

先日、このブログで紹介しました映画「テルマエロマエⅡ」のPRで製作させてもろた

阿部寛氏演ずるルシウスの等身大石像が大阪、あべのハルカスにて

期間限定(4月20日まで)で展示される(通常東京都内展示)ことになり

その展示式典の除幕式にワタクシ守屋も招待頂くことになりました。

ぬぁんと阿部寛氏本人が出席との事。

 

東宝さまより事前に式典の台本やら進行表やら頂いてたんやが

ゲストに  「あべのべあ」  「守屋徹志」

と書かれてるのみ。

おいおい、そんな大事な式典のゲストにワタシだけ って。  エエんかいな・・・。

最初はそのお話を東宝様に頂いた時、ワタシは緊張から全ての臓器を吐き出す恐れがあるので

やんわりお断りしていたんやが、是非是非 出席してください!と仰って下さったので

「これも何かの御縁だ・・」と自分に言い聞かせ、出席させて頂く事に。

 

 

4月15日、式典の2時間前にハルカス入り。

 

控え室にて司会者の森川みどりさん(シネマコミュニケーター)と進行の打ち合わせ。

本番前に一度式典の現場を視察しましょう・・て事で58階の会場へ。

 

会場をザ~と見渡すとワタシの妖怪アンテナがピコピコ反応!

 

なななんとマスコミ席のド真ん中にはあの浜村淳様がお掛けになっているではないか!

ゲゲゲ!

 緊張MAX!!

 

もう最上階から飛び降りて逃げ出そうかと思ったが全面ガラス張りなのでそれも無理。

もう逃げられません。周りも多くの東宝クルーによって厳重に包囲されております。

指定のマスコミ席に座らされ阿部氏の登場を待ちます。

 

当時800人の入場者がザワザワし始めます。。

 

テーマ曲が流れ始めいよいよ阿部氏が入場してまいりました。

 

おもむろに登場する阿部氏。

 

    やはりデカい。

 

    やはり「濃い」

 

ド派手なスーツに身を固めた巨人。

 

もうこの巨人に喰われてもイイや・・・。  と思った瞬間、緊張から開放され

進行を楽しめる気持ちに。

 

次にあべのハルカスのキャラクター、上から読んでも下から読んでも「あべのべあ」が登場。

会場のムードも和やかに。

ちなみにこの あべのべあ、ハルカスの展望階の記念撮影場所にはウチで製作した

お人形がありますよ。    コレ↓↓

 

あべのべあ.jpg虹はLEDにて光らせてあります。  キレイだよ。

 

そして阿部氏による像の除幕が 3!2!1! で行なわれ、

 

阿部氏が一言

 

    「やっぱり 裸か・・・」

 

で会場 爆笑。

 

そりゃそうでしょ。テルマエっつーたら阿部氏の見事な身体も見ものの一つ。

パートⅠよりはるかにビルドアップされたパートⅡ。

まさに彫刻な身体。

 

 

102575.jpegそこへ司会者が

 

本日は特別にこの石像を製作したポップ工芸の守屋徹志さんを

ゲストにお招きしております!!  と。   

 

さぁこのワタシを喰え! 阿部氏!

 

と身を捧げると 阿部氏、やさしい瞳で見つめるわけですよ。

もうワタシもメロメロです。

 

  ・・・・抱かれてもイイや。  て気持ちになりますよ。 老若男女 誰でも。

 

 

「抱かれてもイイや」 の図  ↓↓

102576.jpeg阿部氏、石像を舐め回す様に鑑賞。

石像のヒゲの部分をやたらと撫で回し低~い声で、「よく出来てる・・」 とご満悦。

 

その後、目線は腰のタオルへ・・。

 

 「大丈夫?めくれて中が見えたりとか無いですか?」

 

  ・・「ちゃんとタオルは樹脂でガチガチに固めてあります」

 

次に阿部氏、足の指をガン見!

 

「凄い!足の指の長さまでちゃんと私の形に表現されてるじゃないですか!」  と驚きの様子。

 

何故そんな所まで解ってらっしゃるんですか? と。

 

「全て調べさせて頂きました。 日本で一番、阿部さんの身体を知る男です」

と述べさせて頂きました。

 

そのあと少しトークさせて頂き、無事に式典終了。

 

 

 

いやー、ホントにイイ経験させて頂きました。

どんなお仕事でも、長いことやってますと色々な事と遭遇する事になりますなぁ。

お蔭さんで新聞、テレビやら顔や名前出まくりですわ。

今朝も遠い友人から電話がかかってきて、「めざましテレビ出てたやろ?」とか。

 

ワルイ事はできまへんで!そこの旦那!

明日はアナタがクローズアップされまっせ!!

気ぃ付けなはれや!!

 

 

映画「テルマエロマエⅡ」は4月26日(よい風呂の日)に公開です!!

前作で興行収入59.8億円を記録した大ヒット作!

是非、皆様御誘いあわせの上映画館へGOGO!

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

テレビ放送 本日確定

どーもどーも守屋です

やっぱり昨日お知らせしましたキモ怖河童のテレビ放送、STAP細胞ネタで

見事に跳ね除けられ流れました。  

が、しか~し!!

本日(4/10)放送確定との事。

期待して待っててくれたマニアの皆様、本当にゴメンナサイ。

 

関西テレビ 4月10日放送

スーパーニュースアンカー

18:37頃からのスタートらしいです。

 

STAP細胞の小保方さんがセミヌード写真集でも出版せん限り

放送は有ると睨んでおります。

 

お楽しみに♪

今日こそテレビ放送!?

ども。守屋です。

 

先日お伝えしました河童造形のテレビ放送なんやが、

今日、担当の方から連絡があり、本日の放送を予定しております、  との事。

 

今日か・・・・。

 

今日放送も怪しいな。  多分。

 

だって本日、あのSTAP細胞の小保方さんの反論会見の日やんけ!!

どう考えてもまた後日に流れるんちゃうかな?

 

まぁ、日本を、いや世界を震撼させたSTAP細胞の研究なんやから仕方ないと言えば

仕方ないんやが・・。

 

いやいやアカンアカン!!

 

今回テレビで取り上げられる予定の河童クンも日本中を震撼させる(であろう、多分。)事、間違い無し!

兵庫県福崎町に安置されるこの河童。

この河童には福崎町2万人の明日が懸かっておるのだよ!!

住民にしたらSTAPよりもSMAPよりも大切な存在なのだ!!

 

       だからお願い、関テレさん。

           今回何とかしておくれ・・・。

 

じゃないとワタクシ守屋もエエ加減、狼老人と呼ばれちゃう。  凹む。

 

 

      はよ放送せんと しりこ玉抜いたるゾ!

陸上型河童 (3).jpgと、河童クンもカンカンです。

 

でもコレだけはワタシにはどうする事も出来まへん。

皆で祈りましょう・・・・・。

皆様、あまり期待はせずに鼻ほじってせんべいでも齧りながらテレビをご覧下さい。

 

        「抗議の電話は受付いたしません。」

 

   ではまた。

 

 

 

スミマセン!!テレビ放映日の変更です。。。。。

さっき告知しましたスーパーニュースアンカーの放送ですが、

兵庫の方で大きな事故があったらしく(大丈夫かな・・・)、その報道の影響で河童クンの放送が

来週へ延期となりました。

楽しみにしてらした方、ごめんなさい。

 

また詳しい日時が確定しましたら連絡いたします。。

緊急告知!!本日テレビ放送ありまっせ! 多分。。

毎度!守屋です。

 

急な告知で申し訳ないんやが本日(H26.4/3)、ウチで製作した

リアルキモ河童の造形(1月25日ブログ参照)がテレビで

取り上げられます。

 

関西テレビ

「スーパーニュースアンカー」

18:15~19:00の間のどこかです。

(報道番組なので急な内容の変更あるかも知れませんが)

 

関西ローカルですが、お時間のある方は是非!!

 

      コイツだ!!!  キモ過ぎるぜぃ!!

河童植毛 (2).jpg

この河童の詳しい製作の様子は近日ブログで紹介しますわ。 

興味ありますやろ?

 

ではまた~♪

テルマエロマエ2 ルシウス像

どーもどーも。  守屋です。

ドタバタドタバタしてますぅ~!!ってばかり書いて製作日記らしいブログを

暫く書いてなったんで今回は真面目に製作日記です。  製作の日記。

なので潔く前置きは無し!(思いつく面白ネタが無いだけ)

 

よって、いきなり本題へ。

もう製作日記のネタは山ほど腐るほど溜まってるんやが、タイムリーなやつを。

タイトルにあります映画 「テルマエロマエ 2」 (http://thermae-romae.jp/)が公開になるにあたって天下の「東宝」様より阿部寛演ずるルシウスの像のオーダーを頂きました。

パート1では確か直立したダビデ像を模したルシウスが宣伝に使われていたと思うんやけど

パート2では円盤投げ像のタイプ。

        
    

           コレね   ↓↓

テルマエ資料.jpgコイツを等身大で、って事で。

ぬはっ! 難しそうじゃん。!

彫刻系のお仕事は数年ぶりなのでドキドキです。

しかも顔は知らぬ人も居ないくらいの有名人。

ここんとこ、等身大のお仕事がやたらと多です。

恐らくキン肉マンを製作したあたりから妙に増えてきた気がしまする。

あれが世間的に評価頂いた結果なのかなぁ~、、なんて思ったり。

まだブログには書いてないけど先月も等身大のチャーリー浜さんを造ったばっか。

来月も人物ではないが超有名な怪獣の等身大(人間大ですが)のお仕事も頂いております。

有り難いおはなしで。

クライアント様から身体のポーズについての資料は上のイラストのみ。

顔などは撮影時のショットを複数頂きました。

ルーブル美術館に行けばミュロン作:「円盤投げ像」を見て資料を集める事は出来るんやが

そんなお願い社長にしたら、社長は「私は貝になりたい・・・」といって深い海の底へ沈んで帰って来なくなるので遠慮しました。

円盤投げのポ-ズの資料が乏しい中、困窮しているワタシに女性スタッフが一言、

「守屋さん、全裸になって写真撮って資料にしたらエエやん」と。

   ・・・バカかお前さんは。

人生折り返し地点を過ぎた初老と呼ばれる域に属するこのワタシに脱げだと?

つーか大体誰が撮影すんねん。  恥ずかしいにも程があるわい。

 

でもこのポーズの資料は日常生活の中でその辺にいくらでもあるはずも無い。

こんな時、ワタシが頼りにしている施設があります。

「ルーブル美術館」ならぬ「ルーブル彫刻美術館」 てのが三重県にひっそりとあるのです。

そこには有名な彫刻のレプリカ(レプリカといっても本物から型取り複製した確かなモノ)が

ズラリと並んでいます。 ミロのビーナスだって有るんだゾ。

そこは撮影も自由。  しかも、貸し切りか!ってくらい空いてます。

そこへウチのスタッフを派遣してガッツリ撮影してきてもらいました。

なぜ、ワタシ本人でなく若手スタッフKさんにお願いしたかと申しますと。。。

今回の案件、ボディ部分をその若手スタッフKさん(ウォーキングウィズダイナソーのブログで小さい恐竜造ってた女子)にチャレンジさせてみようと思ったから。

本人に納得いくまでその像に触れ、資料を撮り、早速トライさせてみました。

本人も最初はこの案件を受けるかどうか悩んでいたんやが「私、やってみます!」と

言ってくれたので大変嬉しかったのを覚えています。

最近の若いのはチャレンジ精神も無ければ上手くなりたい欲も無い。

ホンマにアカンのばっかりなんやが彼女は違う。

この貪欲さ、皆 見習うべし。

アウトラインをスチロールブロックに描きニクロム線でカット。

バランスを考えながら余分な部分を落として行きます。

テルマエ製作工程.jpgしまった・・  画像回転させんの忘れてた。  スマン。

スチロール造形は度胸も必要。

ビビッてチマチマ削っていては日が暮れます。

大胆に行きましょう。  でも。  その ひと削りが命取りになる場合も。

粘土の様に「盛る」事は出来ないのだから。

頭の中にしっかりデッサン図がイメージ出来てないと手が止まります。

 

DSCN4789.jpg出来るだけ彼女には声をかけないでソッとして彫って頂きました。 

でもさっき書いた様にスチロール造形は彫刻。  盛る事は基本出来ないので

要所要所で確認をしました。

丁度、上の画像の段階で、ワタシ的に少しデッサンに狂い(彫り過ぎ感)を感じレフリーストップ!

左肩(向かって右肩)とバスト部が数ミリ削り過ぎてしまっているので急遽交代。

 

彼女もかなり悔しかった様です。

でも物凄い勉強になっであろうと思います。

皆さん、彼女に大いなる拍手を送ってあげようではないか!!!

これをバネに大きく躍進するであろう! Kさんガンバレ!!

 

さてワタシに交代です。通常あまりしないんやが削りすぎた部分(首左からヘソを結ぶライン)をバッサリ切り捨て、新たなスチロールブロックを貼り付け、再度彫刻。

胸に縦にズバッとその傷が見えるかな?

右大胸筋も板を貼り足し彫り直し。

テルマエ製作工程 (1).jpgスタッフKさんが撮ってきてくれた資料のお陰で難しい部分の彫刻もクリア。

足などはこの後の工程でFRPを多く(厚く)コーティングするので

それを逆算し数ミリ細くしています。

その辺りも経験がモノをいいます。

テルマエ製作工程 (2).jpg完成し、東宝様の監修を受けます。。。。

テルマエ製作工程 (3).jpg

無事に監修、一発OK頂きました。

頭部と手足首は細かなクオリティが要求されるので別で製作します。

手首は一度石膏に置き換え細部を再彫刻。

テルマエ製作工程 (4).jpgその後再びシリコンで型取りし、FRPに置き換えます。

 

テルマエ製作工程 (5).jpg

 

ここから肝心な頭部の製作。

今回は彫刻の石像風の表現という事なので毛穴などのあまりに細かな表現を必要としないケースなので水粘土(陶器などで使うアレ)で製作しました。

もっと細かなディテールを要求される場合は油粘土やNSPという粘土を使うこともあります。

先ずはベース盛り。

まだこの段階では松田優作がミイラ化した様な感じです。

阿部氏頭部.jpgまだまだ阿部寛氏には程遠いお坊さん。  ↓↓

この段階あたりの進捗画像をクライアントに送りますと、たいがい心配されます。

「ホントに大丈夫かなぁ・・・。」 て。

阿部氏頭部 (1).jpg何となく見えてきた感じもしますがまだ微妙・・・。ヒャダイン氏の様

 

阿部氏頭部 (2).jpg

         

 

          ホイ!完成♪  どーよ?  阿部阿部しとるでしょ?

 

阿部氏頭部 (3).jpg髪は石像なので少しペタッとさせて。

阿部氏頭部 (4).jpg

 

阿部氏頭部 (5).jpgで、頭部も東宝様へ監修送り。

有り難く一発OK頂きました。

阿部氏頭部 (6).jpgさてさて、ボディ、頭部共に原型の監修頂いてウカウカ喜んでてはアカンのです。

なにを隠そう、この頭部、ボディ製作をスタートする直前にワタシの親父が病気で入院後亡くなり

10日ほどスタートが遅れるアクシデントがございまして。。。。

クライアント様には大変ご心配をお掛けする事態となりました。

東宝様、クライアント様の恐ろしいくらいの迅速なご対応のお陰でこの遅れを

取り戻す事が出来ました事、心より感謝いたします。

通常、監修や、一つの質問に対し返事が戻ってくるのは1~2日前後かかります。

ですが今回、ほとんど数時間で回答頂けました。驚きです。

 

早速ボディ部をFRPでコーティングします。

若いお姉さんにこねくり回され、阿部氏もご満悦な様です。

テルマエ製作工程 (6).jpgその後右足をスパッ!とタテに切断し、内部金物を作ります。

この円盤投げのポーズ、凄く不安定な格好なのでしっかりパイプを仕込んでおきます。

膝までパイプが入り太ももの付け根までアングルが溶接で入ります。

ほぼ右足1本で支えられる格好です。

テルマエ製作工程 (7).jpg       

 

         別々に造っていた手足首と頭部を接合。

テルマエ製作工程 (8).jpgこの後、全体の表面をパテ処理し研磨したり血管や筋など、細かな部分のテクスチャーを

入れていく。

あまりに色白なので屋外に出して日光浴させます。  ↓↓

屋外に出し、屋内の照明とは違う環境の下で細部のチェックをします。

照明や光の強さが違うと凹凸の見え方も大きく変わるので色々なシチュエーションでチェック

します。

 

テルマエ製作工程 (9).jpgOKな感じなので備品の仮付けをして再チェック。

これらの備品は塗装後に取り付けるのでこの段階で仮付けし、また外しておく。

ケロリン桶とタオルは本物を取り付け。

タオルは装着後、樹脂でガチガチに固めます。

じゃないと風に吹かれてギャランドゥ丸出しになっちゃう。

テルマエ製作工程 (10).jpgさぁ、やっと塗装ですわ。

さっき日光浴したので、すっかりガングロに日焼けしました。

先に影となる部分から塗っていきます。

通常とは逆の塗り方ですな。

指と指の間やシワなどの隙間に黒い色を入れる為。

テルマエ製作工程 (11).jpg

 

それから凸部となるところへ明るいホワイト系を重ねる。重ねる。重ねる。

テルマエ製作工程 (12).jpg

 

最初に入れた黒が唇の間や鼻の穴、眼球の淵などにイイ感じに残ってるの解るかなぁ?

テルマエ製作工程 (13).jpg今回の色味は東宝様より頂いたイラストに準じる指示だったので少しグレーがかった暗い感じ。

個人的にはもう少し明るめのアイボリーぽい系統の大理石調で塗ってみたかったなぁ。

まぁ、これだけは好みの問題ですな。

 

 

屋外に設置され、水垢などでスジ状に汚れた石像の雰囲気も塗装で表現します。

左足のくるぶしあたり、よく見てもらうと解るけど、大理石が欠けて細かなボツボツした

窪みもちゃんと表現しておきました。

テルマエ製作工程 (14).jpg

 

ケロリン桶は取り外せる様、ビス2本で固定。出来るだけ目立たない場所に。

テルマエ製作工程 (15).jpgタオルもバッチリ固まってやっと完成!!

 

テルマエ製作工程 (16).jpg

 

テルマエ製作工程 (17).jpg

 

      日光が強く当たると陰影も違って見える。

      何かホンマに動き出しそうな気になる・・・。

      白塗りの大道芸のパフォーマーの様である。 

テルマエ製作工程 (18).jpg

 

テルマエ製作工程 (19).jpg

テルマエ製作工程 (20).jpg

 

テルマエ製作工程 (21).jpg骨格や筋肉、筋の通り方などちゃんと調べておかないと全体はまとまらないです。

どのアングルから見てもおかしな部分があってはなりませぬ。

本当に人体の造形は神経をつかう。

だって誰が見てもおかしな部分はすぐに解りますもの。

 

 

最終の監修も無事にパスし、いつもの運送屋へチャーター便の手配の電話を入れる。

「3月の25日に東京へ人形一体送って欲しいんやけど?」

運送屋 : 「無理ですわ」

「はぁ?無理って何が?」

 

「年度末と増税と月末が重なってトラックが一台も空いてませんねん」

 

こんなこと初めてである。

 

運送屋も初めてだそうな。

 

仕方ない。自分で運ぶ事に・・。

ハイエースに寝かせて載せ、片道7時間の阿部氏とのドライブです。

まだ公開前なので顔や身体は隠して積載したんやがつま先が少し見えてて、

まるで遺体を運んでるかの様な気分でサービスエリアでは妙に緊張した。

 

無事に配達も終え、翌26日(風呂の日)に六本木ヒルズの特設会場でお披露目となりました。

 

              見よ、この豪華なキャスティングを!!

 

テルマエ製作工程 (22).jpg何やろ・・両サイドのジジィが気になってしょうがないんやが・・・。

完全にこのジジィらに目線持って行かれとるがな。  アカンやん、負けた。

 

もっと彫刻勉強してジジィに負けない造形品、世に贈れる人間になりたい・・・。

 

そう思う次第。

 

 

次回も等身大フィギュアネタ書きます。  

ではでは。

 

 

 

 

 

忙しいがな。年度末やから。

アカーーーーン!!

もうアカーーーン!!!

 

ブログ更新できまへん。  忙し過ぎて。

もう逆ギレです。

マメに更新します、とか言いません。

時々更新します。

 

 

ども。 守屋です。

 

だって年度末やもんね。

こんな時期ゆっくりしてる造形屋あったら教えて欲しいわ。

そんな造形屋、アカンですわ。

技術悪くて終わってる造形屋ですわ。

もしくは物凄い高い単価で仕事してる会社ですわ、  多分。

 

どこの造形屋もドタバタしてますわ。

USJの現場施工関係で死にかけている造形屋も多いです。

USJのハリーポッターも遅れに遅れ、まだ完成の目処もたってないとか。

  可哀想に・・。

 

もうウチもメチャクチャですわ。

仕様図面が遅れたり変更変更で作業がストップしたり。

テレビの取材が来たり、専門学校生が見学に来たり

吉本の芸人の銀シャリの鰻さんが個人的に勝手に来て

何かヘンなモン横で造ってたりして。

鰻氏.jpg

 

鰻氏 (1).jpgいつの間にか来て適当に作業していつの間にか帰って行かれます。

いつもテレビで見る芸人さんが真横にいても何も思わないくらいに忙しい、、、

という事です。

今はそんな感じです。

 

もうチョイしたら少しは落ち着くかなぁ~  て感じ。

多分ムリやろけど。

みんながんばろね。

 

ではまた!

 

近況!

ども!!

守屋です。

カレンダーを見て驚きました。

もう1月も25日ではないか!!

1月の4日にブログ書いて三週間も放置です。

マメに更新します・・・ と宣告してこの有り様ですわ。

「何しとんねん、守屋。さっさと書け!!  死ね!」

と言うて頂いて結構です。

毎日、このブログ楽しみに覗きに来て下さっている数百人の皆様、今回は受け止めます。

各自一回のみとさせて頂きますが「守屋、死ね!」と言うて下さい。

二回はやめてくだされ。

疲れて身体弱ってますんで・・。

 

何を隠そうこのワタシ、今年に入ってからまだ一日も休みを取れておりません。

毎晩、晩飯は日付が変わる頃です。

だから許してとは申しませんがホンマにドタバタしております。

二月も、三月も某有名人の等身大が各一体、その他大小様々な発注頂いており、神経はピリピリMAXです。

 

昨年末、最後のブログで紹介した製作途中だった河童君、先日無事に完成しまして現場に設置に行ってきました。

 

 

かっぱ.jpg
怖いっすなぁ~っっ!!

髪の毛なんか植毛でっせ。

FRPに植毛。   ありえへん。

でもやりました。 どうしてもやってくれ言うので。 朝の3時までかかって。

この河童は某町の役場からの直接発注です。  これまた ありえへん。

工事完全に終了したら、どこの町のどの場所でどんな担当者かはキッチリ

説明いたします。

仕掛け人である、ココの某役場の地域振興課の某担当者、アンチゆるキャラさんです。

汚いですが糞が付くほどアンチゆるキャラな方でして、本人曰く、あんなゆるキャラブーム、

もう2~3年、いや1~2年で終わりや。  これからはコレの時代や!!

言うてフガフガしてはります。

さぁ、このリアル怖キモキャラブーム、吉と出るか凶と出るか・・・・。

アナタはどう思う???

と言いつつ、この役場にも、すでにカワユイ河童ちゃんのゆるキャラ?(ゆるキャラ風?)は

居てますし、着ぐるみも
存在してるのですが・・・。

これまたオモロい話ですな。

 

この河童クンの製作の模様も、追って詳しく解説いたしますがな。

迄うご期待!!

 

ではーーーー!

 

2014年 馬馬馬!!

新年明けましておめでとうございます!

旧年中は皆様、大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたします。

 

どーも守屋です。

おめでとうございます!!

 

年末年始、皆様如何お過ごしでしたか?

ワタクシ守屋、何だかんだ言うて、やっぱり大晦日も仕事してました。

小心者なのでダメですわ。

少しでも仕事進んでないと落ち着いて正月迎えられんと思いまして。。。

でもまぁ。ガキ使を観てゆっくり年越しできましたけど。

 

本日よりポップ工芸は始動しております!!

今、朝の九時過ぎですが工場ではスチロールを削る職人の音が心地よく響いております。

今年もバタバタと良い年になりそうです。

ワタシも今からパテをコネコネいたします。

 

それでは皆様、今年も頑張って景気回復させましょう!  ヒヒーンっ!と馬並みに。

 

 

今年もお世話になりました!

どーも守屋です。

もう今年も残すところ あと1日。

どーでした皆様?

ポップ工芸、お陰様で今年もドタバタドタバタ息つく暇もないくらいの一年でした。

これもひとえに皆様のお陰であります。

本当にありがとうございました。

 

でも・・もうちょっとゆっくり腰を据えて作業したいものです。

体調がねぇ・・・。

後半はもうスタッフ達(特に女子チーム)、ボロボロでした。

ここはさすがに来年の課題であります。

更にストイックに鍛え上げて乗り切れるパワーを付けるか、現状維持でいくか・・・。

そのあたりは各個人に考えて頂きましょう。

ワタシの見る限り、若手達はメンタル面でも細い部分があるので、どんな逆境にも耐えうるズ太いポジティブな心を作って頂きたいです。

でもまぁ、コレだけは個人差もありますし経験がものを言うものですし、だんだん彼女達もスゲー職人に育っていくのでしょうねぇ。

 

年内はスタッフ達はもうお休み入らせて頂いており、ワタクシ守屋のみ作業に追われております。

明日、大晦日も仕事をしようかどうしようか、物凄い葛藤しております。

 

ちなみに今は等身大の「河童」を2体同時進行で製作しております。

この河童君、あり得ない感じですがお堅いお役所のお仕事であります。

 

DSCN4529.jpg

 

ポップ工芸、年明けは4日からボチボチ活動始めます。

 

 

 

本年は数ある造形会社の中から弊社をご用命頂き、本当にありがとうございました。

来年もスタッフ一同、更に技術に磨きをかけ、皆様の心に残る作品造りに精進してまいります。

 

こんな更新されないふざけたお馬鹿ブログでも懲りずに毎日覗きにきて下さる物好きな数百人の皆様、来年こそ頑張って更新いたしますのでお許しくださいまへまへ。

 

    では皆様!  よいお年を~!!  (大晦日休む気満々なり)