ブログ

丹波篠山の巨大いのしし! その2 FRP加工編

いのしし12

まいどです。

 

前回のイノシシの続きです。

 

前回はイノシシの原型製作まで完了しています。

いのしし8

こんな感じで仕上がっています。

 

原型が出来上がると次に行うのが、FRP加工です。

どれだけカッコよく出来上がっても所詮は発泡スチロール。これだとボロボロと欠けて壊れてしまいます。

そこで行うのがFRP加工。

FRPは特殊な樹脂にガラス繊維を混ぜたもので、表面にFRPを吹き付けていくことで軽くて超丈夫な表面になります。FRPはモーターボートなんかに使われたりもするので、その丈夫さは折り紙つき。

 

いのしし10

これがガラス繊維。

繊維状になっているのでウールのような感じですが、やっぱりガラスなのでこいつが肌に触れるととてもチクチクして鬱陶しい。

 

 

 

いのしし11

こいつを樹脂とまぜて表面に張り付けていきます。

 

あとはこれをひたすら繰り返し、

いのしし12

全身FRP加工された、鋼鉄のような素肌をまとったイノシシが出来上がります。

 

つづく